会津八一 鹿鳴集・旅愁(十九首)
                     明治四十年より大正十五年一月に至る


 早稲田大学文学部英文科を卒業し、新潟県中頸城郡(なかくびきぐん)板倉村(現上越市板倉区)の有恒学舎(現県立有恒高等学校)に英語教師として赴任した翌年明治40年(1907年)から大正15年(1926年)までの旅の歌である。作者27~46歳までの作品である。
                                   会津八一の歌 索引

1 軽井沢にて
         からまつ の はら の そきへ の とほやま の
                   あをき を みれば ふるさと おもほゆ   
歌の解説
2 越後の中頸城(なかくびき)に住めるころ(第1首)
         むらびと が とがま とり もち きそひ たつ
                   あした の はら に きり たち わたる  
歌の解説
3 越後の中頸城(なかくびき)に住めるころ(第2首)
         さよ ふけて かど ゆく ひと の からかさ に
                   ゆき ふる おと の さびしく も あるか  
歌の解説
4 越後の中頸城(なかくびき)に住めるころ(第3首)
         よるべ なく おい に し ひと か やまかげ の
                   をだ の はすね を ほり くらし つつ         
歌の解説
5 信濃の野尻なる芙蓉湖に泛びて
         しまかげ の きし の やなぎ に ふね よせて
                   ひねもす ききし うぐいす のこゑ  
歌の解説
6 汽車より善光寺をのぞみて(第1首)
         みすずかる しなの の はて の くらき よ を
                   ほとけ います と もゆる ともしび 
歌の解説
7 汽車より善光寺をのぞみて(第2首)
         の の はて の てら の ともしび のぞみ きて
                   みち は やまべ に いらむ と する も   
歌の解説
8 習志野(ならしの)にて馬に乗り習ふころ
         かすみ たつ のべ の うまや の こぼれむぎ
                   いろ に いづ べく もえ に ける かも       
歌の解説
9 勝浦の浜にて(第1首)
         いそやま や けさ みて すぎし しろうし の
                   くさ はみて あり おなじ ところ に      
歌の解説
10 勝浦の浜にて(第2首)
         みなぞこ の くらき うしほ に あさひ さし 
                   こぶ の ひろは に うを の かげ ゆく    
歌の解説
11 塩原温泉途上
         なづみ きて のべ より やま に いる みち の
                   みみ に さやけき みづ の おと かな 
 
歌の解説
12 鎌倉長谷のさるかたに宿りて
         かぜ のむた ほとけ の ひざ に うちなびき
                   なげく が ごとき むらまつ の こゑ   
歌の解説
13 尾張篠島をおもふ(第1首)
         まど ひくき はま の やどり の まくらべ に
                   ひねもす なきし ねこ の こ の こゑ   
歌の解説
14 尾張篠島をおもふ(第2首)
         きみ と みし しま の うらわ の むし の ひ の
                   まなこ に ありて ととせ へ に けり   
歌の解説
15 滋賀の都の址に遊びて後に同行の人に送る
         みづうみ の きし の まひる の くさ に ねて
                   きみ が うたひし うた は わすれず   
歌の解説
16 讃岐の海岸寺にやどりて病める北川蝠亭によみて送る
         いそやま の あをばがくり に やどり して
                  よる の うしほ を きき つつ か あらむ   
歌の解説
17 大和安堵(あんど)村なる富本憲吉の工房に立ちよりて
         いかるが の わさだ の ころ にかりほ して
                   はに ねらす らむ ながき ながよ を   
歌の解説
18 大和のさるかたにて
         みづがめ の ふた の ひびき も うつろ なる
                   てら の くりや の くれ かぬる ころ
歌の解説
19 京都東山のあたりをおもひて
         はる と いへど まだしき れんげわうゐん の
                   ひとき の やなぎ もえ いで に けむ   
歌の解説
inserted by FC2 system