会津八一 寒燈集以後・うみなり(六首)
                               昭和二十二年六月
寒燈集以後


う み な り
「寒燈集に入れなかったもの、及び以後に詠まれた幽暗〜鐘銘、計57首を解説する。歌は會津八一全集巻四より選んだ。鐘銘は八一の最後の歌である」
「新潟市内の南浜通に移った八一は11月15日、冬を告げる日本海の海鳴をきき、眠れずに6首詠む」
                                        会津八一の歌 索引
1 うみなり(第1首)
   昨春四月東京をのがれて越後に來り中条町西条なる丹呉氏に寄りしが
   ことし(昭和二十一年)七月の末よりはじめてわが故郷なる新潟の市内に
   移り南浜通といふに住めり十一月十五日の夜海鳴の音のはげしきに眠る
   能はず枕上に反側してこの数首を成せり
     かへり きて ゆめ なほ あさき ふるさと の 
                 まくら とよもす あらうみ の おと
歌の解説
2 うみなり(第2首)
     はま ちかく いぬれば くらき まど の へ を 
                 つぎて わたらふ むらどり の こゑ
歌の解説
3 うみなり(第3首)
     あらうみ に たゆたふ さど の しまやま の 
                 かげ さへ くらく ゆめ に みえ くる
歌の解説
4 うみなり(第4首)
     きそひ たつ なみ の ほ の ま を ゆく うを の 
                  いろこ も みえつ ゆめ の うつつ に
歌の解説
5 うみなり(第5首)
     あきかぜ の ふき の すさみ を ほのぼのと 
                  しらみ も ゆく か いね がてぬ よ を  
歌の解説
6 うみなり(第6首)
     いね がて に わが よる まど の あかつき を 
                 いや さかり ゆく うみなり の おと
歌の解説
inserted by FC2 system