会津八一の歌
  会津八一(あいづ・やいち)                             目次へ
 1881~1956。新潟の生れ。号 秋艸道人(しゅうそうどうじん)。早稲田で学んだのち、坪内逍遥の招きで早稲田中学校教員となる。その後文学部教授に就任、美術史を講じた。
 古都奈良への関心が生み出した歌集『南京新唱(なんきょうしんしょう)』にその後の作歌を加えた『鹿鳴集』がある。奈良の仏像は八一の歌なしには語れない。歌人としては孤高の存在であったが、独自の歌風は高く評価されている。鹿鳴集に続いて『山光集』『寒燈集』を発表している。
 書にも秀で、今では高額で売買される。生涯独身で通したが、慕う弟子達を厳しく導き、多くの人材を育てた。 

   會津八一の生涯・年表  新潟市會津八一記念館  早稲田大学會津八一記念博物館
                                                   は行の歌
桜桃(第8首)
     
 はごもれる このみ の あけ を さながらに 
               そで さへ そめよ つゆ の まにまに

             (葉ごもれる木の実の朱をさながらに袖さへ染めよ露のまにまに)  

桜桃・あうたう 「おうとう。セイヨウミザクラの別名、また、その実、さくらんぼ」
はごもれる 「葉籠れる。葉の陰に籠った」
さながらに 「そのままの状態で」
まにまに 「随に。事の成り行きにまかせるさま、ままに」
       
歌意
 葉の陰に籠った桜桃の実、さくらんぼの赤い色をそのままに、私の袖さえ染めてもいい、露に濡れるままに。

 桜桃の木の上で着物は露に濡れていた。赤く染まってもいいと伸びやかに詠う。八一の名歌で哀歌である「あきはぎ は そで には すらじ ・・・」を思い出すが、この歌は明るい喜びの歌である。桜桃8首を終わる。  
桜桃目次(8首)

寒燈集・桜桃(第8首) (2014・11・15)
歳旦(第3首)
     
 はしゆつふ の かしぐ もちひ に たつ ゆげ の
               ほのかに しろく とし の いたれる 

             (派出婦の炊ぐ餅に立つ湯気のほのかに白く年の至れる)  

九官鳥 「人や動物の声真似、鳴き真似が上手で音程や音色だけでなく声色も真似する。名の由来は、九官と名乗る中国人が“この鳥は吾の名を言う”と説明したものが、誤って名前にされた。八一は大阪の知人からもらってしばらく飼った」
歳旦 「1月1日の朝。元旦」
はしゆつふ 派出婦。一般家庭からの求めに応じ、出向いて家事などをする女性
かしぐ 炊ぐ。米、麦、粟等を煮たり蒸したりして飯にする、炊事する」
もちひ 「餅のことだが、ここでは雑煮を言う」
いたれる 至れる。ある時間・時点になる」

歌意
 派出婦が作った雑煮の立つ湯気がかすかに白く立ちのぼっている中で新年がやってきた。

 派出婦はきい子のいない独り居の象徴である。寿ぐべき新年を迎えたのに、かすかにのぼる雑煮の湯気しか目に入ってこない。今までに味わったことのない生活の中で寂しさが詠われる。
 八一は自註鹿鳴集でこう書いている。“ほのかにしろく 貧しき書生生活に、あまつさえ家に入院者を出し、派出婦の作りたる雑煮の白き湯気を上ぐるよりほかに、春らしき景色もなかりけり。”
 こうした寂しさときい子への思いが、後の名歌・山鳩21首に繋がっていく。  
九官鳥目次

鹿鳴集・九官鳥(第9首) (2013・10・6)
歳旦(第1首)
     
 はしゆつふ の はや おき いでて とり の ゑ の
               すりゑ する らし くらき あした を 

             (派出婦のはや起き出でて鳥の餌のすり餌するらし暗き朝を)  

九官鳥 「人や動物の声真似、鳴き真似が上手で音程や音色だけでなく声色も真似する。名の由来は、九官と名乗る中国人が“この鳥は吾の名を言う”と説明したものが、誤って名前にされた。八一は大阪の知人からもらってしばらく飼った」
歳旦 「1月1日の朝。元旦」
はしゆつふ 「派出婦。一般家庭からの求めに応じ、出向いて家事などをする女性」
すりゑ 擂り餌。小鳥のえさで、ぬか・魚・草などをすりつぶしてまぜたもの」
あした 「朝」

歌意
 元旦、派出婦がもう起き出して小鳥のための擂り餌を作っているらしい。まだ暗い朝なのに。

 入院したきい子の代わりに家政婦がやってきて家事を代行する。いつもと違う寂しく侘びしい年明けの朝の様子である。   
九官鳥目次

鹿鳴集・九官鳥(第7首) (2013・10・3)
閑庭(第24首)

 はしゐ して もの かく かみ の いくたび か 
               ひざ に みだるる はつなつ の かぜ

           (端居してもの書く紙の幾度か膝に乱るる初夏の風)  

閑庭 「かんてい。もの静かな庭。ここでは下落合秋艸堂のことを言う。“この林荘のことは、かつて『鹿鳴集』の例言の中に述ぶるところありたり。併せ見るべし。後にこの邸を出でて、同じ下落合にてほど近き目白文化村といふに移り住みしなり。”自註」
はしゐ 「端居。(涼を求めて)縁先に出ていること」

歌意
 縁先に座ってものを書いていると、その紙が初夏の風に吹かれて幾度も膝の上に乱れ飛ぶのだ。

 縁側で書き物をしていると快い初夏の風に紙が乱れ飛ぶ。困っているのではなく、“はつなつのかぜ”の爽やかな心地よさを喜んでいるのである。
 “はつなつのかぜ”と言えば、名歌(鹿鳴集・南京新唱 帝国美術館にて)がすぐに浮かんでくる。 
閑庭目次

寒燈集・閑庭(第24首) (2014・9・23)
天皇を迎へて(二)(第3首)

 はだ さむき よごろ と なりぬ いでまし の 
               すめらみこと に つつが あらす な


               (肌寒き夜頃となりぬ出でましのすめらみことにつつがあらすな)

いでまし 出でまし。“出で”の尊敬語、おいでになる
すめらみこと 「天皇」
つつがあらすな お身体にさわることがないように。“つつが”は“恙”で、病気や災難

歌意
 肌寒い夜になってきた。新潟においでになった天皇のお身体にさわることがないように。

 全国を巡幸する天皇に対する人々の願いであり、とりわけ明治生まれで皇室を大事にし、天皇を慕う八一の心情の吐露である。
  
天皇を迎へて(二)目次

寒燈集以後・天皇を迎へて(二)(第3首) (2014・12・6)
やがて紀元節も近づきければ古事記の
中巻なる神武天皇の条を読みて(第12首)   

 はたとせ を うなぢ はるけく もとめ きて 
             やまとくにばら さやけ かり けり


           (二十年を海路はるけく求め来て大和国原さやけかりけり)

紀元節
「2月11日、神話上の神武天皇の即位日として定めた祭日。1873年~1948年。現在は健康記念日となっている。(1966年~)」
古事記 「日本最古の歴史書で、天皇による支配を正当化しようとしたもの。上巻は神代、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収める」
神武天皇 「日本神話に登場する人物で、日本の初代天皇(古事記、日本書紀による)」
はたとせ 「20年。神武天皇が日向を出て、大和橿原で即位するまでの間」
うなじ 「海路。海の船の道」
さやけ(し) 「すがすがしい、きよく澄んでいる」

歌意
 神武天皇が海路を通り、20年の歳月をかけてはるばると求めてきたこの大和の国原はなんとすがすがしいことよ。

 神武天皇の偉業をたたえた歌。第18首から第32首までは戦後一度削除し、後に復活したものである。
病間目次

山光集・病間(第29首) (2014・7・31)
平城京址の大極芝にて(第2首)

 はたなか に まひ てり たらす ひとむら の 
               かれたる くさ に たち なげく かな


           (畑中にま日照り足らす一群の枯れたる草に立ちなげくかな)

まひてりたらす

くさ
「“ま”は接頭語。“たらす”とは充足、充実の意。充分に日光が照り渡っていること」
「大極殿址に植えられた芝」

歌意
 畑の中の大極殿址に日の光があまねく照り渡っている。その枯れた芝に立って、深い物思いに沈み、嘆いていることよ。

 平城京址に立ち、古を思う作者の歌を斉藤茂吉はこう評する。原田清著「會津八一 鹿鳴集評釈」から転載する。
これは『大極芝』を詠じたものであるが、極めて自然に流露してゐて、しかも無量の哀韻をこもらせてゐるあたりは、詞をやるに達者でなければ能(あた)わぬわざである。ことばが順直に行ってゐるから、一見無造作のやうにおもふが、これまでに達するには、並大抵の修練では出来まい」(痴人の痴話)
         
     ( 写真は2004年9月撮影、遠くに大仏殿と若草山を見た平城京址)
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第40首) (2004・10・15)
平城京址の大極芝にて(第1首)

 はたなか の かれたる しば に たつ ひと の 
                うごく とも なし もの もふ らし も


            (畑中の枯れたる芝に立つ人の動くともなしもの思ふらしも)

平城京址

大極芝

かれたるしば
ものもふ
らし
「藤原京から遷都した都(710年~787年)その跡をいう。昭和34年以降発掘、再建が進められている」 
「“大黒芝・だいこくのしば。もとの大極殿の址。「大極」といふことばは里人に耳遠くなりて、いつしか「大黒」となれるなり。一面に芝草を植ゑたり。”自註鹿鳴集」
「冬枯れの芝」
「“物思ふの略。”自註鹿鳴集」
「推量」

歌意
 畑の中の枯れた大黒芝に立っている人は動こうともしない。古を思いながら深く物思いに耽っているのだろう。

 荒れ果てた平城京址、当時はわずかに芝が残っているだけだった。八一は何度も訪れて、古い都への強い思いを持って、時の流れを感じながら立ち尽くしたであろう。平城京址を南京新唱で2首、山光集で13首詠んでいる。立ち尽くす人は他者ではあるが、とりもなおさず八一そのものの姿なのだ。
 
       大極殿址は発掘が進められ、柱の跡を示すために小さな木が植えられている。
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第39首) (2004・10・14)

クリックを
奈良博物館にて(第5首)   

 はつなつ の かぜ と なりぬ と みほとけ は 
                をゆび の うれ に ほの しらす らし

 
            (初夏の風となりぬとみ仏はを指のうれにほの知らすらし)

をゆび


うれ
ほの
しらす
「小指。“「おゆび」といはば「お」は接頭語にて、ただ「ゆび」といふに同じきも、「をゆび」は小指なり。小指の先端は全く敏感なるものなれば、かく詠めるなり。”自註鹿鳴集」
「末。指先の意。“末端。”自註鹿鳴集」
「ほのかに」
「知るに尊敬の助動詞すを付加。参照」

歌意
 天も地もすべて初夏の季節の風になったのだなあと、み仏は小指の先でほのかにお感じになっておられるようだ。

 移りゆく季節をみ仏の繊細で美しい小指の先に凝縮し、新緑の天地と流れる大気を捉え、仏像のイメージと融合し、限りなく微妙な季節感あふれる世界を詠った。こころと言葉と対象を見事なまでに一体化したと言える。
 新緑のこの季節には、あの法隆寺の百済観音に、広隆寺や中宮寺の菩薩半跏像に会いに行きたいと思う。         

 ほのしらすらし 自註鹿鳴集
    ほのかに認識したまふなるべしといふなり。『万葉集』には「ほの聞く」といふ語あり。中古には
   「ほの見る」「ほの聞く」「ほの思ふ」などいへる例あれば、「ほの知る」とつづけたるなり。「しらす」
   は「しる」の敬称。「らし」は推量。

南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第16首) (2002・05・01)
村荘雑事(第3首)

 はな すぎて のび つくしたる すゐせん の
               ほそは みだれて あめ そそぐ みゆ 

              (花過ぎて伸び尽くしたる水仙の細葉乱れて雨注ぐ見ゆ)  

村荘雑事
「会津八一が住んだ下落合秋艸堂(1922-1935年)で自然を詠んだ17首」
はなすぎて 「花が咲き終わって」
ほそは 「細葉」

歌意
 花が終わって伸び放題になった水仙の細い葉が折れたり倒れたりしている、その上に雨が降り注いでいる。

 花が終わり、しっかりと日の光を受けて球根を育てた生き生きとした葉も、春の終わりには勢いを無くし、乱れ倒れる。その上に雨が降る情景を充分に観察して詠み込む。雨が降り注ぐ花後の水仙にじっと見入る作者には、咲きそろっていた頃の花の姿があったであろう。
 「ほそはみだれ」る我家の水仙を見た時、真っ先にこの歌が浮かんできたものだ。  
村荘雑事目次

鹿鳴集・村荘雑事(第3首) (2013・6・21)
香具山にのぼりて(第1首)   

 はにやま と ひと は なげく を ふみ さくむ 
         わが うげぐつ に かみ は さやらず
             

           (はにやまと人は嘆くを踏みさくむ我がうげぐつに神はさやらず)
       
香具山  「天香久山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)、畝傍山、耳成山とともに大和三山と呼ばれる奈良県橿原市にある山。“天”という尊称が付くほど、最も神聖視された。三山の恋を扱った“香具山は畝傍ををしと耳成と争ひき”は有名」
はにやま 「埴山。粘土質の山」
ふみさくむ 「岩や木の間を押し分け、踏み分けて行く」
うげぐつ 「穿靴(うげぐつ)。穿(うが)ちたる靴、“穿つ”は穴をあけるだから、穴をあけた靴と言うことのようだ。八一は自註鹿鳴集で、万葉集の山上憶良が使った“うげぐつ=破れたる靴”ではないと書いている」
さやらず 「障らず。妨げが無い。(神のさわりもなく)無事に登った」

歌意
 粘土質の登りにくい香具山と人々は嘆くけれど、強く踏みつけ登る私の靴には神の障りも無く無事に登頂できた。

 わずか152.4mの山だが、神話で扱われたり、万葉集で詠まれたりして神格化されている。大正14年、八一は登る人もほとんどいない香具山に登って5首詠んだ。古代への憧憬と研究に突き動かされる彼の心情が5首を通じて表されている。   
南京余唱目次

鹿鳴集・南京余唱(第7首) (2011・12・19)
予罹災ののち西条に村居し一夜大いなる囲炉裏のほとりにて
よめる歌これなり(第5首)


 はひ ふかく ゐろり に くり を さぐらせて 
               に の ほ に ちち の ほほゑまし けむ
 

           (灰深く囲炉裏に栗を探らせて丹の穂に父の微笑ましけむ)  

囲炉裏 「いろり。“予が歌ひたるこの丹呉家の炉は方四尺に近けれども、わが父の幼かりし頃は、この炉はさらに五割方大きかりしよし村人は云ひ伝へたり。”自註」
さぐらせて 「探らせて。さがされて、“さぐらせ”はさぐるの敬語」
にのほ 「丹の穂。目立って赤いこと、赤い色の目立つこと。“「丹の穂」なり。或は紅顔に譬へたり。万葉集に「わがこふる、にのほのおもわ、こよひもか、あまのかはらに、いそまくらまかむ」「にのほなす、おもてのうへに、いづくゆか、しわがきたりし」などあるをおもふべし。”自註」

歌意
 囲炉裏の灰深く埋めた栗を探りながら、若い頃の父は頬を赤くして微笑んだのであろう。

 八一は囲炉裏の前に座りながら、ありし日の幼い父が焼き栗を作ろうとして頬を赤く染めている姿を想像する。微笑んでいる少年の姿が目の前に浮かぶ。    
炉辺目次

寒燈集・炉辺(第5首) (2014・11・2)
六日午後堀の内に送りて荼毘(だび)す(第3首)

 はふりど の つち に たまれる こぼれみづ 
               さむけき ひかり おもほえむ かも

              葬り処の土に溜まれるこぼれ水寒けき光おもほえむかも  

はふりど 「葬り処。火葬場のこと、はふり(葬り)は葬送。“‐‐‐生ける時さびしかりければ、 若し 然あらば、 よき一族の 遠びとの葬り処近く---。”折口信夫」
おもほえむ 「“後に至りて思いだされむ。”自註鹿鳴集」
かも 「…ことよ、…だなあ。感動・詠嘆を表す終助詞」

歌意
 火葬場の土に溜まっているこぼれた水の寒々と光っている様を後になって思い出すことであろう。

 春雪第5首で霊柩車の屋根の軒に彫ってある金色の雲形模様を「さぶしも(寒々しい)」と感じた八一、火葬場の溜まり水にも寒々しさを感じる。悲しみの中、繊細で微妙な感覚が研ぎ澄まされる。
春雪目次

鹿鳴集・春雪(第7首) (2013・10・19)
明王院(第8首) 

 はべり たつ どうじ が くち の とがりは の 
               あな すがすがし とし の へぬれど
             

             (侍り立つ童子が口の尖り歯のあな清々し年の経ぬれど)
       
明王院 「和歌山県高野町の高野山真言宗の寺院。高野山のなかほど本中院谷に所在。日本三不動のひとつ赤不動で有名」
はべりたつ 「侍り立つ。身分の高い人のそばに付き従って立っている」
どうじ 「制多迦(せいたか)童子、矜羯羅(こんがら)童子のこと。不動明王の脇侍を務める」
とがりは 「尖った歯」
あな 「喜び、悲しみ、うれしさ、などを感じて発する感動詞。ああ、あれ、まあ」

歌意
 不動明王のそばにつき従って立っている童子の尖った歯はなんと清々しいことであろう。長い年月が経っているのに

 この赤不動の脇侍の白い歯を年月が経っているのにはっきりと描かれていて清々しいと詠い、赤不動全体の素晴らしさも浮かび上がらせる。(下記前書を参照)  

 前書  
 十九日高野山明王院に於て秘宝赤不動を拜すまことに希世の珍なりその図幽怪神異これに向ふものをして舌慄へ胸戦き円珍が遠く晩唐より将来せる台密の面目を髣髴せしむるに足る予はその後疾を得て京に還り病室の素壁に面してその印象を追想し成すところ即ちこの十一首なり。  語句解説
明王院目次

山光集・明王院(第8首) (2014・7・8)
うみなり(第2首)
昨春四月東京をのがれて越後に來り中条町西条なる丹呉氏に寄りしがことし(昭和二十一年)七月の末よりはじめてわが故郷なる新潟の市内に移り南浜通といふに住めり十一月十五日の夜海鳴の音のはげしきに眠る能はず枕上に反側してこの数首を成せり
     
 はま ちかく いぬれば くらき まど の へ を 
               つぎて わたらふ むらどり の こゑ


               (浜近くいぬれば暗き窓の辺をつぎて渡らふ群鳥の声)

うみなり 海鳴(り)。海の方から鳴り響いてくる遠雷のような低い響き、うねりが海岸で砕けるときに空気を巻き込んで発する音
反側 寝返りを打つこと」
いぬれば 寝れば。寝ていると」
つぎてわたらふ 「次ぎて渡らふ。次々と渡っていく」
むらどり 「群鳥。群がり集まった鳥。ここでは渡り鳥のことであろう」

歌意
 浜に近い家に寝ていると暗い窓の辺りを次々と渡っていく群鳥の鳴き声が聞える。

 眠れないでいると海鳴りの中に渡り鳥の声が聞こえてくる。浜辺を行く渡り鳥は故郷新潟の冬の風景である。
  
うみなり目次

寒燈集以後・うみなり(第2首) (2014・12・3)
別府にて(第2首)

 はま の ゆ の には の このま に いさりび の
               かず も しらえず みゆる このごろ

              (浜の湯の庭の木の間に漁火の数もしらえず見ゆるこの頃)  

放浪唫草
「さすらいの旅で詠った歌の草稿。放浪唫草(ぎんそう)目次参照」
別府 「別府市は、大分県の東海岸の中央にある市。温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる」
はまのゆ 「海に近い浜辺の温泉。別府温泉は別府湾の近くにある」
このま 「木の間」
いさりび 「漁火、魚を誘い寄せるために夜間、漁船でたく火」
しらえず 「知れないほど、わからないほど」

歌意
 浜辺に近い温泉の庭の木の間から漁船の漁火が数えきれないほど見える今日この頃である。

 温泉から見える夜の別府湾の数限りない漁火の光景は印象的なものだったであろう。温泉で心と体を癒す八一の平穏が感じられる。  
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第15首) (2013・4・24)
霜余(第2首)

 ばら の ね を さきて うづめし りんだう の 
               はなぶさ しろく うつろひ に けり

              (薔薇の根を咲きて埋めし竜胆の花房白く移ろひにけり)  

霜余 「そうよ。霜の残っている様子」
うづめし 「埋めし。薔薇の根を咲いた竜胆の花が埋めるように隠しているさま」
はなぶさしろく 「“竜胆の花は、一度開きたる後、もとの蕾の形につぼみて、色褪せて立ち枯るるものなり。”自註」
       
歌意
 薔薇の根の辺りを埋めるように隠して咲いた竜胆の花房も今は白く色褪せてしまった。

 冬の庭の情景を捉え、簡潔に表現する。秋に咲いた竜胆が冬になっても手入れがしてないので花が蕾の形に戻って白く色褪せている。その色褪せた花房が薔薇の根元を埋めるように取り残されている。敗戦近い、手入れのしてない秋艸堂の冬の情景である。
霜余目次

寒燈集・霜余(第2首) (2014・9・4)
興福寺をおもふ  
 
 はる きぬ と いま か もろびと ゆき かへり 
                ほとけ の には に はな さく らし も

               (春来ぬと今かもろ人行き帰り仏の庭に花咲くらしも)


興福寺



もろびと
ゆきかへり
ほとけのには
はな
らし
「藤原不比等が建立した奈良時代初期の寺で南都七大寺の一つ。抗争その他でたびたび火災にあう。国宝館(宝物館)は阿修羅像に代表される仏像、その他の美術品の宝庫」
「多くの人々」
「行ってはまた引き返す」
「ここでは興福寺の庭をさす」
「さくらの花」
「きっと・・・だろう。推量の助動詞」

歌意
 春がやって来たと今や多くの人が興福寺の庭を行き来して、そこには桜の花が咲き乱れているだろう。

 遠く古都を想いながら、桜の花が咲き乱れ、多くの人が行きかう大寺の春をおおらかにゆったりと歌い上げ、豊かな調べの向こうに絵画的な情景を浮かび上がらせている。 
  

追記 秋艸道人歌碑建立除幕式典       (07・04・06)
  平成19年3月、興福寺にこの歌の歌碑が建立され、3月31日に除幕式があった。参加できなかったが、奈良の鹿鳴人さんから写真と当日の資料を送ってもらった。また4月6日、共同掲示板に「やいち」さんから、写真と投稿をいただいた。(鹿鳴人さんからの写真を掲載する)  
追記2 興福寺の歌碑と桜      (13・4・16)
  鹿鳴人さんから春の写真が届いたので掲載する。      
  


南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第10首) (2005・04・27)
吉野の山中にやどる(第1首)   

 はる さむき やま の はしゐ の さむしろ に 
              むかひ の みね の かげ の より くる 

              (春寒き山の端居のさ莚に向かひの峰の影のよりくる)
         
はしゐ  「端居。家の端近くに居る。ここでは宿の縁側である」
さむしろ 「“さ”は狭をあてる接頭語だがほとんど意味なし。大小を表す接頭語と言っても良い。“むしろ”は莚、縁側などに敷いた薄べり」
むかひのみね 「谷の向こうの山の峰」
かげのよりくる 「“夕陽の傾くにつれて、彼方の山の影が、谷を隔てたるこなたに迫り来るなり。”自註鹿鳴集」       

歌意
 春寒い吉野の山中の宿の縁側の莚に、陽が傾くにつれて向かいの山の影が寄ってくる。

 春まだ浅い吉野山中で夕陽と共に動く山影が粗末な敷物に寄ってくる光景は侘びしく寂しいものである。吉野を象徴する南朝・後醍醐天皇の悲史を詠った前作を踏まえるとその思いが強くなる。
南京余唱目次

鹿鳴集・南京余唱(第3首) (2011・12・10)
二日飛報あり叔父の病を牛込薬王寺に問ふ
この夜春雪初めていたる (第4首)

 はる さらば やま の しのはら ゆき とけて
               ただに たつ べき きみ なら なく に

              (春さらば山の篠原雪溶けてただに立つべき君ならなくに)  

叔父
「会津友次郎(会津本家の当主)昭和15年2月3日76歳で没す。八一の少年時代にその才を認め文芸への影響を与えた人。春雪目次参照」
はるさらば 「春になると。“さる”は季節や時刻を表す語に付いて、来る、なるの意」
しのはら 「篠原。篠竹の生えている原、ささはら」
ただに 「すぐに、ただちに」
ならなくに 「…ではないのに。断定の助動詞“なり”の未然形+連語“なくに”」

歌意
 春になると山の篠竹の原の雪はすぐに溶けて無くなっていく、それと同じように今すぐに亡くなられるようなあなたではないのに。

 雪の降る夜、臨終間近の叔父の枕辺で、死なないでと祈る。上の句が“ただにたつ”を序詞的に導き、その古典的な手法が深く静かな悲しみを表している。
春雪目次

鹿鳴集・春雪(第4首) (2013・10・14)
閑庭(第21首)

 はる されば むら の わかびと ふえ ふきて 
               しし かぶり こし はた の ほそみち

           (春されば村の若人笛吹きて獅子かぶり来し畑の細道)  

閑庭 「かんてい。もの静かな庭。ここでは下落合秋艸堂のことを言う。“この林荘のことは、かつて『鹿鳴集』の例言の中に述ぶるところありたり。併せ見るべし。後にこの邸を出でて、同じ下落合にてほど近き目白文化村といふに移り住みしなり。”自註」
はるされば 「“さる”は季節・時間を表す語について、“・・・になる”を表す。春になると」
ししかぶり 「獅子被り。獅子舞の獅子頭をかぶって」

歌意
 春になると村の若者たちが笛を吹き、獅子頭をかぶってやってきたものだ。畑の細道を通って。

 あのころは春の行事として若者たちの獅子舞がやってきたものだと良き時代を思い出す。歌は何もかもが無くなった敗戦間近に回想して詠んだものである。 
閑庭目次

寒燈集・閑庭(第21首) (2014・9・21)
望郷(第1首)

 はる されば もゆる かはべ の をやなぎ の
               おぼつかなく も みづ まさり ゆく

              (春されば萌ゆる川辺のを柳のおぼつかなくも水増さりゆく)  

望郷
「故郷新潟を詠った。望郷目次参照」
はるされば 「“さる”は季節・時間を表す語について、“・・・になる”を表す。春になると」
もゆる 「萌ゆる。草木が芽を出す、芽ぐむ」
をやなぎ 「小柳。低く小さな柳」
おぼつかなくも 「“大河の茫々として水量の溢(あふ)るるさまの心もとなきをいへり”自註鹿鳴集」

歌意
 春になり草木が芽吹く川のほとりの緑の芽を出した小さな柳が心もとなく感じられるほどに、川は水かさを増している。

 八一は新潟市の中心である古町通五番町に生まれた。近くを信濃川が流れ、当時新潟の町には縦横に川に繋ぐいくつかの堀があった。すぐ北には日本海があり、冬には大雪が降り積もるところである。
 望郷の想いでまず最初に信濃川を詠う。新潟の風物と言える川の柳は「大河(信濃川)の茫々として水量の溢(あふ)るるさま」を引き出す序詞のような働きをしている。 
望郷目次

鹿鳴集・望郷(第1首) (2013・7・19)
錦衣(第4首)
     
 はる すぎて なつ きたれ ども しろたへ の 
               ひとへごろも も あらぬ われ かも

             (春過ぎて夏来たれども白妙の単衣もあらぬ我かも)  

錦衣 「きんい。にしきの衣服、美しい着物。“錦衣故郷に帰る”他郷で立身出世して故郷に帰る、故郷へ錦を飾る」
しろたへ 「白妙。白、白い色。“しろたへの”は衣服に関する語や白にかかる枕詞」
ひとへごろも 「単衣。裏地のない和服のこと」
       
歌意
 春が過ぎて夏が来たけれども夏用の白いひとえの着物さえない私なのだ。

 持統天皇の「春過ぎて・・・」が思われるが、この夏の訪れを爽やかに詠った歌とは全く違う。敗戦と疎開後の年老いたみじめな己を表現している。 
錦衣目次

寒燈集・錦衣(第4首) (2014・11・17)
印象(第8首)

       幽 情  李収
     幽人惜春暮 潭上折芳草
     佳期何時還 欲寄千里道

 はる たけし きしべ の をぐさ つみ もちて
               すずろに おもふ わが とほ つ びと 


             (春たけし岸辺の小草摘み持ちてすずろに思ふ我が遠つ人)
          
           幽 情 
          幽人春ノ暮ルルヲ惜ミ、
          潭(ふち)ノ上(ホトリ)芳草ヲ折ル。
          佳期ハ何ノ時カ還(かえ)ラン、
          寄セント欲ス、千里ノ道ニ。
           

漢詩
「下記参照」
たけし 「猛し。いが盛んだ」
をぐさ 「“を”は意味のない接頭語」
すずろ 「これといった理由・目的のないさま、漫然」
とほつびと 「遠くにいる人」

歌意
 春が深まった岸辺の草を摘んで手に持っていると遠くに住んでいる懐かしい人をなんとなく思い出す。

 遠くにいる懐かしい人を思う、と八一は詠む。漢詩は隠者が楽しかった昔を遠く隔たった場所として思いを託している。                                                 

   幽 情(ゆうじょう)  李収(りしゅう)
   幽人春ノ暮ルルヲ惜ミ、
   潭(ふち)ノ上(ほとり)芳草ヲ折ル。
   佳期ハ何ノ時カ還(かえ)ラン、
   寄セント欲ス、千里ノ道ニ。
     
  隠者は春の夕暮れを惜しみ、池のほとりの香りの良い春の草を折る。そして、あの楽しかった頃は
  何時還って来るのだろうか、いや還ってはこないだろうが、その思いを千里の遠い道に託す。

    ・幽情 深い心情、深い情思  
    ・李収 または李牧(りぼく)、中国春秋戦国時代の趙国の武将。
         “右武衛録事。(一本ニハ左武衛トアリ)”自註鹿鳴集
    ・幽人 世俗を避けてひっそりと隠れ住む人、隠者  ・ 水を深くたたえた所、淵(ふち)
    ・佳期 よい時期、よい季節、または楽しい時  ・千里道 千里もある遠い道のり
印象目次

鹿鳴集・印象(第8首) (2013・11・5)
小園(第2首)
     
 はる たけし には の やなぎ の はがくれ に
               はと ふたつ きて ねむる ひ ぞ おほき 

             (春たけし庭の柳の葉がくれに鳩ふたつ来て眠る日ぞおほき)  

小園 「会津八一が住んだ下落合秋艸堂(1922-1935年)の庭園」
はるたけし 「晩春。“たけし たけたる。闌(たけなわ)となりたる。盛りがやや過ぎなむとする。”自註鹿鳴集」
はがくれ 「草木の葉のかげになること。ここでは柳の葉の中より見え隠れに」

歌意
 春が終りに近づいた庭の柳の葉の陰に二羽の鳩がやってきてじっと眠る姿を見る日が多くなった。

 晩春の庭に穏やかに眠る二羽の鳩、鳥の大好きな八一にとってその光景が幾日も続けば嬉しかったに違いない。鳩にとっては春は子作りの季節、そんなことも想像したかもしれない。
 小鳥好きは斑鳩12首参照。

小園目次

鹿鳴集・小園(第2首) (2013・9・14)
京都東山のあたりをおもひて

 はる と いへど まだしき れんげわうゐん の 
                ひとき の やなぎ もえ いで に けむ 

 
             (春と言えどまだしき蓮華王院の一木の柳萌え出でにけむ)

まだしき 「未だしき。まだその時期になっていない、時期尚早だ。“未だし”の連体形」
れんげわうゐん 「“蓮華王院。京都市東山区なる妙法院に属す。俗に「三十三間堂」といふ。長寛二年(1164)後白河法皇(1127-1192)の祈願。堂前に一株の枝垂柳(しだれやなぎ)あり。堂に配合して風姿頗(すこぶ)るよろし。”自註鹿鳴集」
ひとき 「一本の木」

歌意
 春と言ってもまだ早いこの時期、三十三間堂前の柳の芽がようやく萌えだしていることだろう。

 春まだ浅き頃、遠く離れた地から京都東山三十三間堂の一本の枝垂柳を思う。
 三十三間堂では1月中旬、「楊枝(やなぎ)のお加持」(正月に汲んだ初水を霊木とされる柳の枝で参拝者にそそいで加持する頭痛封じの法要)がある。そのことも関連するかもしれないが、八一の柳への思い入れは強い。 (参照 故郷新潟の柳を詠んだ歌)  
旅愁目次

鹿鳴集・旅愁(第19首) (2013・9・12)
香具山にのぼりて(第4首)   

 はる の の の こと しげみ か も やまかげ の 
              くは の もとどり とかず へ に つつ
             

           (春の野のこと繁みかも山影の桑のもとどり解かず経につつ)
       
香具山  「天香久山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)、畝傍山、耳成山とともに大和三山と呼ばれる奈良県橿原市にある山。“天”という尊称が付くほど、最も神聖視された。三山の恋を扱った“香具山は畝傍ををしと耳成と争ひき”は有名」
ことしげみ 「仕事が繁きため、農事が多くて」
くはのもとどり 「桑の髻。髻は髪を頭の上に集めて束ねた所のことだが、冬に縄でくくった桑の枝がそのまま置かれている様子を比喩して使った。自註鹿鳴集ではこう書かれている。“桑の枝を束ねたるを、人の頭髪の髻(もとどり)に比して戯にかく詠みたるなり。”」
へにつつ 「経につつ。時間が経ってしまっている」

歌意
 春の野良仕事は多くて忙しいのだろうか、冬に縛った桑の束が山影の桑畑に解かずに置かれたままになっている。

 「くは の もとどり とかず へ に つつ」はもとどりが古語に近くなった今では解説なしには理解しがたい。しかし、束ねて置かれたままになっている桑の様子をとらえて巧みな表現で、八一の時代だからこそ出来た表現だろう。
 第3首に続き、香具山と農事の姿をそのままに詠っている。 
南京余唱目次

鹿鳴集・南京余唱(第10首) (2011・12・27)
三日榛名湖畔にいたり旅館ふじやといふに投ず(第3首)

 はるやま の なら の わかば に なく せみ の
              くぐもりて のみ わが よ は をへむ 
             

           (春山の楢の若葉に鳴く蝉のくぐもりてのみ我が世は終へむ)
       
榛名湖 「群馬県高崎市榛名山山頂に位置する湖。古名、伊香保沼」
なら 「楢。ここでは大楢(ミズナラ)のこと。ブナ科の落葉高木」
くぐもりて 「(声などが)中にこもって、はっきりしない」

歌意
 春の山の楢の若葉にこもって鳴く蝉が見えないように、私も世間から遠くこもったままで生涯を終えるだろう。

 上3句は「くぐもりて」を引き出す序である。昭和15年5月に出版した「鹿鳴集」でようやく歌人として名声が確立して行くが、この年に詠まれたこの歌はその当時の八一の心の一面を表している。 
榛名目次

山光集・榛名(第13首) (2014・2・25)
やがて紀元節も近づきければ古事記の
中巻なる神武天皇の条を読みて(第13首)   

 はろばろと こしく も しるく あめつち に 
             さかえむ くに を はじめける かも


           (はろばろと越来もしるく天地に栄えむ国を始めけるかも)

紀元節 「2月11日、神話上の神武天皇の即位日として定めた祭日。1873年~1948年。現在は健康記念日となっている。(1966年~)」
古事記 「日本最古の歴史書で、天皇による支配を正当化しようとしたもの。上巻は神代、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収める」
神武天皇 「日本神話に登場する人物で、日本の初代天皇(古事記、日本書紀による)」
はろばろと 「はるばると」
こしく 「越来。山河を越えて来る」
しるく 「著く。はっきり見えるさま」
あめつち 「天地。天と地。全世界」

歌意
 神武天皇は山河を越えてやってきて、はっきりと天地に栄える国を始められたのだ。

 神武天皇の偉業をたたえた歌。第18首から第32首までは戦後一度削除し、後に復活したものである。
病間目次

山光集・病間(第30首) (2014・7・31)
この日また修学院(しゆがくいん)離宮を拝す林泉は後水尾(ごみずのお)法皇の親(みずか)ら意匠して築かしめたまふところといふ

 ばんじよう の そん もて むね に ゑがかしし 
                みその の もみぢ もえ いでむ と す

              (万乗の尊もて胸に描かししみ園の紅葉燃え出でむとす)  

修学院離宮
「京都市左京区修学院の比叡山麓にある離宮。17世紀中頃、徳川家綱が後水尾法皇のために造る。上皇が造営中の離宮を自ら訪れて指図をしたと言われている。桂離宮とならぶ名園名建造物」
林泉 「林や泉水を配して造った庭園」
後水尾法皇 「江戸時代初期の天皇(法皇)、父は後陽成天皇。徳川家康の意思により立てられた。その後、幕府の朝廷を圧迫する政策に反発して明正天皇に譲位し、4代の天皇の間、院政を行った」
意匠 「美術・工芸・工業製品などの工夫、デザイン」
ばんじようのそん 「万乗の尊。兵車1万台を出すことができた中国の天子をさした言葉、ここでは天皇・法皇を意味し、後水尾法皇のこと」

歌意
 尊い身分の法皇が自らの胸に描き、造られたこの庭園の紅葉が今まさに燃え出でようとしている。

 後水尾法皇が女中に変装して訪れ、離宮造営の指図をしたという定かでない伝説がある。八一の皇室崇拝の念が「(法皇の)むねにゑがかしし」を表出し、そのことが目の眼にある紅葉の風景をダイナミックで奥行きのあるものにしている。
観仏三昧目次

鹿鳴集・観仏三昧(第24首) (2013・1・17)
山鳩(第19首)

 ひかり なき とこよ の のべ の はて に して
                なほ か きく らむ やまばと の こゑ 

              (光無き常世の野辺の果てにしてなほか聞くらむ山鳩の声)  

山鳩 「身の回りの世話をし、共に暮らした養女・きい子への挽歌21首。山鳩・序 参照」
きい子 「八一の実弟高橋戒三夫人の妹、20歳で八一の身の回りの世話に入る。33歳、八一の養女になる。昭和20年7月10日結核で死去(34歳)」
とこよ 「常世。死者の行く永遠の世界。黄泉(よみ)の国」
なほかきくらむ 「“か”は疑問を表す助詞。今なお聞いているのであろうか?」

歌意
 光のないあの世の野辺の果てにいて、今もなお山鳩の声をきい子は聞いているのであろうか。

 あの世でもきい子は山鳩の声を聞いているのだろうか、と問う観音堂の八一の周りには山鳥の声しかない。(前歌・第18首参照)あの世の鳴き声と現実の鳴き声が八一にとっては融合していたのかもしれない。そして、読む者にとっても山鳩の声は深い悲しみとなって響いてくる。
山鳩目次

寒燈集・山鳩(第19首) (2013・2・8)
この日醍醐を経て夕暮に京都に出で教王護国寺に詣づ 平安の東寺にして空海に賜(たま)ふところなり講堂の諸尊神怪を極む(第2首)

 ひかり なき みだう の ふかき しづもり に 
                をたけび たてる 五だいみやうわう

              (光なきみ堂の深きしづもりに雄叫びたてる五大明王)  

醍醐
「京都市伏見区の東部の広域地名で、豊臣秀吉が豪勢な花見を行ったことで知られる醍醐寺に発する」
教王護国寺 「京都市南区九条町にある東寺真言宗の総本山。平安遷都直後、平安京鎮護のため羅城門左に建立に着手した。通称名は東寺」
空海 「平安時代、高野山金剛峰寺を建立した真言宗開祖。教王護国寺(東寺)を真言道場として後進の育成に努めた。835年に高野山で入滅、齢63歳。醍醐天皇から弘法大師の諡号が贈られた」
しづもり 「静もり。静かな様子」
をたけび 「雄叫び。勇ましく叫ぶこと、また、その声」
五大みやうわう 「五大明王。密教で中央に不動明王、東西南北にそれぞれ降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳(だいいとく)・金剛夜叉(こんごうやしゃ)の四大明王を配置した形。五大明王は忿怒(ふんぬ)形をしており、種々の障害を取り除く」

歌意
 (密教寺院の)光の入らないみ堂の静まり返った中で、勇ましく叫ぶ五大明王たちよ。

 密教(秘密仏教)は大日如来を中心にした仏教だが、神秘主義的で象徴主義的な教義の影響か、寺内に入るとダイナミックで不思議な雰囲気を醸し出している。東寺の講堂はその代表のようなものである。暗く静かな堂内の忿怒形の明王たち、その怪異な姿を的確にとらえている。    第1首  第2首 
観仏三昧目次

鹿鳴集・観仏三昧(第20首) (2013・1・7)
別府にて(第3首)

 ひさかたの あめ に ぬれ つつ うなばら を
               こぎ たむ あま が たぢから も がも

              (久方の雨に濡れつつ海原を漕ぎたむ海人が手力もがも)  

放浪唫草
「さすらいの旅で詠った歌の草稿。放浪唫草(ぎんそう)目次参照」
別府 「別府市は、大分県の東海岸の中央にある市。温泉が市内各地で湧出し、別府温泉として全国的に知られる」
ひさかたの 「久方の、天、空、月雲、雨、光、夜、都などにかかる枕詞。ここでは雨」
こぎたむ 「漕ぎ回む、舟を漕いでまわる」
あま 「海人、魚介や海藻をとるのを業とする者。漁師」
たじから 「手力、腕の力」
がも 「願望の助詞、あったらいいな」

歌意
 雨に濡れながら海原を漕ぎ廻って漁をする漁師たちの逞しい腕力が私にもあったらなと思う。

 眼前の姿と己の願いを万葉調で詠む力量はさすがである。
 心身の疲労は逞しい漁師たちの姿を羨望する。学者であった作者には無い世界である。身長が180cm近くあり、明治の人としては大柄だった八一だが、いろいろな病にさいなまれた。健康で力強い姿は八一の対極にあったと言ってよい。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第16首) (2013・4・24)
偶感(第2首)   

 ひさかたの そら さへ さけむ あらた なる 
                  くに おこる とふ もの の ひびき に
             

           (久方の空さへ裂けむ新たなる国興るとふものの響きに)
       
偶感 「ふと心に浮かんだ感想」
ひさかたの 天、空、月、雲、雨、光、夜、都のかかる枕詞
とふ 「…という。“といふ”の変化したもの」

歌意
 空さえも裂けるであろう。新しい国が作られようとしているものの響きに。

 敗色濃くなった戦局の中で、第1首に続いて国威高揚の歌となっている。
偶感目次

山光集・偶感(第2首) (2014・5・26)
平城宮懐古(第6首)   

 ひさかたの つきひ はるけき おほみや の        
                  かれたる しば に もの もひ やまず 
             

           (久方の月日はるけき大宮の枯れたる芝に物思ひ止まず)
       
ひさかたの 「天、空、月、雲、雨、光、夜、都のかかる枕詞」
はるけき 「遥けき。非常に遠く隔たっているさまを表す表現」
おほみや 「大宮。皇居・神宮・神社の敬称、ここでは平城宮」

歌意
 月日が経った遠い昔の平城宮、その宮址の枯れた芝の上に立って、往時への私の思いは止むことがない。

 古代への憧憬が強かった八一は前5首でありし日の平城宮の姿を想像も交えて詠い、そうした己の姿を「もの もひ やまず」
と表現した。
平城宮址目次

山光集・平城宮址(第12首) (2014・5・24)
十一月十日学生を伴ひ奈良に向ふとて汽車の窓より
東方の海上を望みて(第4首)   

 ひさかたの みそら はるけく あもり きて  
               うましし くに を まもら ざらめ や        
             

           (久方のみ空はるけく天降りきて生ましし国を守らざらめや)
       
ひさかたの 天、空、月、雲、雨、光、夜、都のかかる枕詞
あもりきて 「天降りきて。天下(降)って来て、 天上界から地上に降りてきて」

歌意
 はるかな天上界から神(伊邪那岐・伊邪那美)が地上に降りてお生みになったこの国を私たちが守らないことがあろうか。

 敗色濃い現状への悲鳴のような叫びである。戦争を謳歌する歌人ではなかった八一ですら、こう詠わざるをえなかった。
海上目次

山光集・海上(第4首) (2014・6・4)
鐘楼(第5首)   
三月十四日二三子とともに東大寺に詣づ客殿の廊下より望めば焼きて日なほ浅き嫩草山の草の根わづかに青みそめ陽光やうやく熙々たらむとすれども梢をわたる野風なほ襟に冷かにしてかの洪鐘の声また聞くべからずことに寂寞の感ありよりて鐘楼に到り頭上にかかれる撞木を撫しつつこの歌を作る

 ひさしくも つか ざる かね は はる の ひ に 
                  ぬくもりて あり ねむれる が ごと                    

           (久しくも撞かざる鐘は春の日に温もりてあり眠れるがごと)
       
熙々 「きき。やわらぎ楽しむさま。ひろびろとしたさま。往来のはげしいさま(大辞林)」
洪鐘 「こうしょう。大きな釣鐘」
寂寞 「せきばく。ひっそりとして寂しいさま」
撞木 「しゅもく。釣り鐘を突く棒」

クリックを

歌意
 久しい間、撞かれていない鐘を手で触れてみると春の暖かい陽ざしに温もっているようだ。まるで眠っているように。

 響かない鐘を嘆き淋しく思う中で、春の鐘の暖かさに触れながら心が癒されていく。眠っているかのような鐘の温もりはまるで仏そのものの慈悲であるかのようだ。
 写真は鹿鳴人提供(2014・5・24)の東大寺鐘楼。
鐘楼目次

山光集・鐘楼(第5首) (2014・5・16)
鐘楼(第2首)   
三月十四日二三子とともに東大寺に詣づ客殿の廊下より望めば焼きて日なほ浅き嫩草山の草の根わづかに青みそめ陽光やうやく熙々たらむとすれども梢をわたる野風なほ襟に冷かにしてかの洪鐘の声また聞くべからずことに寂寞の感ありよりて鐘楼に到り頭上にかかれる撞木を撫しつつこの歌を作る

 ひさしくも つか ざる かね を おしなでて   
                  こもれる ひびき きかず しも あらず  
             

           (久しくも撞かざる鐘を押し撫でてこもれる響き聞かずしもあらず)
       
熙々
「きき。やわらぎ楽しむさま。ひろびろとしたさま。往来のはげしいさま(大辞林)」
洪鐘 「こうしょう。大きな釣鐘」
寂寞 「せきばく。ひっそりとして寂しいさま」
撞木 「しゅもく。釣り鐘を突く棒」
きかずしもあらず 「聞かないというわけではない」

クリックを

歌意
 久しい間、撞かれていない鐘を心をこめて手で撫でていると、鐘にこもっているかっての響きが私には聞こえてこないというわけでなない、聞こえてくるのだ。

 寂しさの中で鐘の響きを八一は感じる。それは以前に八一が聞いた音であり、また天平の創建時以降鳴らされてきた鐘の音でもある。
 写真は鹿鳴人提供(2014・5・24)の東大寺鐘楼。
鐘楼目次

山光集・鐘楼(第2首) (2014・5・14)
三月堂にて

 びしやもん の おもき かかと に まろび ふす 
                   おに の もだえ も ちとせ へ に けむ  
                 

               (毘沙門の重き踵にまろびふす鬼のもだえも千年経にけむ)

三月堂 「東大寺三月堂で法華堂とも呼ばれる。不空羂索観音を本尊として仏像多数あり」
びしゃもん 「毘沙門天(びしゃもんてん)、仏教における天部の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる。“よく聞く所の者”という意味で多聞天(たもんてん)とも呼ばれる」
まろびふす 「転がり伏す」
おにのもだえ 「邪鬼の苦しみ。邪鬼とは仁王や四天王の足の下に踏まれている小型の鬼類、毘沙門天(多聞天)の足下の鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶという説がある」
ちとせ 「千年」

歌意

 毘沙門天の重い踵の下に転がり伏す邪鬼の苦しみも千年の時を経ているのだな~。

 古都奈良と仏像を愛す八一だが、その眼は仏像に踏まれた邪鬼に優しく注がれる。この歌の良さはその視点にある。また「たもんてん」とせず、「びしゃもん」とした音の調べの重視もこの歌を秀歌にしている。西大寺の邪鬼の歌と共に鑑賞して欲しい。
 仏像の足下にある邪鬼を好ましく眺めるようになったのは八一の歌からである。
 
                    春日野(八一と健吉の合同書画集より)
      

観仏三昧目次

鹿鳴集・観仏三昧(第4首) (2012・12・17)
浄瑠璃寺にて(第3首)  
 
 びしやもん の ふりし ころも の すそ の うら に 
                   くれなゐ もゆる はうそうげ かな

             (毘沙門の古りし衣の裾の裏に紅燃ゆる宝相華かな)

びしやもん

ふりしころも
はうそうげ
「毘沙門天、四天王の一つで別名、多聞天。須弥山の北方を守護し、戦勝の神と言われる。日本の民間信仰においては室町時代後期に出来た七福神の1つに数えられている」
「古くなった衣」
「宝相華。
図案化したる一種の華麗なる植物文様(もんよう)”自註鹿鳴集」

歌意
 毘沙門天の古くなった衣の裾の裏に燃えるような真っ赤な宝相華の模様を未だに見ることが出来るのだな~。
 
 浄瑠璃寺阿弥陀堂(本堂)の四隅にある四天王、その最も強い毘沙門天の裾の裏に残った赤い模様をとらえて「くれなゐもゆる」と印象的に歌い上げる。作者は自註で、後日宝相華を確かめたが歌のような鮮やかな赤い色は無かったと書いている。
 衣に残るわずかな彩色から、このように歌い上げる力と芸術性に感心する。
 浄瑠璃寺・毘沙門天を奈良国立博物館で拝観した時、褪せた衣の裾に真紅の色をだぶらせて見たのは随分昔のような気がする。 
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第38首) (2006・2・2)
観音堂(第9首)   

 ひそみ きて た が うつ かね ぞ さよ ふけて
          ほとけ も ゆめ に いり たまふ ころ

 
    (ひそみきて誰が打つ鐘ぞさ夜更けて仏も夢に入り給ふころ)

観音堂








ひそみきて
さよふけて
「新潟県北蒲原郡中条町西条の村はずれにあった丹呉家のお堂。昭和20年7月3日、養女・きい子の病状悪化(開放性結核)による感染を気づかい、疎開していた丹呉家本宅から移る。7日後の7月10日、きい子永眠。死後、本宅へは戻らず、しばらく観音堂で一人暮らす。その時、詠った歌が山鳩21首観音堂10首柴売6首である。“観音堂には、西国三十三番に型どりたる木像を安置し、狭き中庭を隔てて庫裏に通ず。予が住みしはこの庫裏なり。庫裏は別に普門庵の名あるも、一般に観音堂を以て知られたり。”自註」
「ひとにしられないようにひっそりと来て」
「“さ”は接頭語、夜が更けて」

歌意
 ひっそりとやって来て、誰が鐘を打っているのだろう。もう仏様も夢にお入りになる夜更けなのに。

 空襲で焼け出され、無一物で東京から疎開した故郷新潟の観音堂で、昭和20年7月10日、長年ともに暮らした養女(義姪)きい子を結核で亡くす。この時詠んだ挽歌「山鳩」(21首)は心を打たずに置かないが、その後、1人観音堂で暮らし、詠んだ観音堂10首も素晴らしい。
 八一はこの歌を好んで書画として書いている。写真は1m余のケヤキに素空が彫ったもので、ここに押された白文の書画印は「虚無」である。道人の痛々しい心は印にも表現されている。
観音堂目次

寒燈集・観音堂(第9首) (2011・11・08)
閑庭(第29首)

 ひた あをき かめ の みなぞこ ひろければ 
               わた の みなか と めだか すむ らし

           (ひた青き瓶の水底広ければ海のみ中とめだか住むらし)  

閑庭 「かんてい。もの静かな庭。ここでは下落合秋艸堂のことを言う。“この林荘のことは、かつて『鹿鳴集』の例言の中に述ぶるところありたり。併せ見るべし。後にこの邸を出でて、同じ下落合にてほど近き目白文化村といふに移り住みしなり。”自註」
ひたあをき 「ひた青き。全体が青い。“ひた”は接頭語ですべて、まったく、の意を表す
みなぞこ 「水底。“な”は“の”の意の格助詞、水の底、みずそこ」
わた 「海」

歌意
 全体が青い水瓶の水底が広いので、海の真ん中と思ってめだかたちは住んでいるのだろう。

 小さいめだかに大きな瓶を与えた満足感が漂う。生き物に対する八一の心は優しい。
閑庭目次

寒燈集・閑庭(第29首) (2014・9・26)
榾の火(第3首)
     
 ひと いねし ひろき くりや の いたのま に 
               ひとり かよひて みづ のむ われ は

             (人寝ねし広き厨の板の間に一人通ひて水飲む我は)  

「炉やかまどで焚くたきぎ、小枝や木切れなど」
くりや 「厨。台所」
       
歌意
 家の人達が寝てしまった広い台所の板の間に、一人で行って私は水を飲んでいるのだ。

 12月、人の寝静まった屋敷の広い板間の台所で一人水を飲む八一、言い知れぬ孤独が漂う。
榾の火目次

寒燈集・榾の火(第3首) (2014・11・8)
榾の火(第4首)
     
 ひと いねて ひろき くりや に くだつ よ を 
               まど しろたへ に いでし つき かも

             (人寝ねて広き厨にくだつ夜を窓白妙に出でし月かも)  

「炉やかまどで焚くたきぎ、小枝や木切れなど」
くりや 「厨。台所」
くだつ 「降つ。夜がふける」
しろたへ 「白妙。白い色」
       
歌意
 家の人達が寝てしまった広い台所の夜が更けて、窓には白い月がでてきた。

 人の寝静まった屋敷の広い台所の窓には白い冬の月がでてきた。孤独な八一を包む寂寥とした世界である。 
榾の火目次

寒燈集・榾の火(第4首) (2014・11・8)
木葉(このは)村にて(第6首)
     
 ひとごと を きかじ いはじ と さる じもの
           くち おしつつみ ひじり さび す も 

         (人言を聞かじ言はじと猿じもの口おし包み聖さびすも)  

木葉村 「現在の熊本県玉名郡玉東町木葉」
ひとごと 1 他人のいう言葉。2 人のうわさ、世間の評判。ここでは1を指す」
きかじいはじ 「聞かない、言わない。みざる、きかざる、いわざる、三匹猿(三猿)の姿」
さるじもの 「“猿といふものの如く。猿らしく。『万葉集』には「いぬ」「うま」「かも」「とり」「しし」などの下に、この「じもの」を続けたる語法あり。作者はことさらにかかる古式の語格を用ゐて滑稽を扶(たす)けんとしたるなり。”自註鹿鳴集」
くちおしつつみ 「手で口を覆ったいわざるの姿」
ひじりさびす 聖人らしくしている。“さび”は“さぶ”、名詞に付けてそのものらしい態度、状態である意を表す。“かむ‐さ・ぶ (神さぶ)神らしく振る舞う。神として行動する。と言う用例がある」
「詠嘆」

歌意
 人の言うことは聞かない、余計なことはしゃべらないといかにも猿らしい仕草で口を手で覆い、聖人らしく振る舞っているのも面白い。

 郷土玩具・木葉猿の三猿の楽しい姿をとらえ、「聖人らしくしている」とその滑稽味を表現する。実際、木葉猿の姿は面白い。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第48首) (2013・5・28)
銅鑼(第3首)
はじめて草盧に奈良美術研究会を開きしより今にして二十年にあまれり身は遂に無眼の一村翁たるに過ぎずといへども当時会下の士にして後に世に名を成せるもの少からずこれを思へば老懐いささか娯むところあらむとす

 ひとつき の うまさけ くみて はる の よ を 
               すずろに ときし なら の ふるごと

           (ひとつきのうま酒汲みて春の夜をすずろに説きし奈良の古事)  

銅鑼 「どら。打楽器の一、金属性の円盤をひもでつるしたもの、桴(ばち)で打って鳴らす」
「銅鑼目次参照
ひとつき 「一坏。一杯の。“「つき」は飲食を盛るに用ゐたる上代の土器。清みて「つき」とよむべし。「坏」の字を当つ。意は「一杯の」といふに等しきも、音調に相距ること遠し。”自註」
うまさけ 「旨酒。うまい酒」
すずろ 「漫ろ。漫然、何とはなし、何ということもない」
ときし 「説きし。物事の道理や筋道をよくわかるように話した」

歌意
 一杯の旨酒を汲みかわして春の夜に、心おもむくままに奈良の古い事を話したものだ。

 開設した奈良美術研究会に集う若い学徒たちと酒を酌み交わしながら、何となく心ひかれるままに奈良の話をした。学校の教室だけが学問ではなかった。 
銅鑼目次

寒燈集・銅鑼(第3首) (2014・10・7)
つらつら世情をみてよめる(第2首)

 ひとつひ の ひかり も しらず くらき の の 
               はて にも みち の あら ざらめ や も
 

           (ひとつ火の光も知らず暗き野の果てにも道のあらざらめやも)  

つらつら 「熟熟。つくづく、よくよく」
ひとつひ ひとつ火。暗闇を照らす一つの燈。参照」
あらざらめやも 「ないだろうか、いや、きっとあるに違いない。動詞“ある”の未然形+打消の助動詞“ず”の未然形+推量の助動詞“む”の已然形+係助詞“や”+終助詞“も”」

歌意
 たった一つの燈火の光さえも無い暗い野の果てであっても、人々の進むべき道はきっとあるだろう。

 敗戦直後の困難な時代にもきっと人々の進む道はあるのだと強く詠う。先行きの見えない自分自身に対する叫びでもある。 

 ひとつひ (自註)
古事記上巻、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、その妹(いも)伊邪那美命(いざなみのみこと)を訪はんとて、黄泉国(よもつくに)に到りませる条に「左の御美豆良(みみづら)に刺させる湯津津間櫛(ゆつつまぐし)の男柱一箇(をばしらひとつ)取り闕(か)きて、一火(ひとつび)ともして入り見ます時に」云々とあり「ひとつび」は暗闇中の孤燈なり。
  ・黄泉国 よみのくに、あの世  ・御美豆良 みみづら、古代男子の髪形  
  ・湯津津間櫛 ゆつつまぐし、櫛  ・男柱 をばしら、櫛の歯
一路目次

寒燈集・一路(第2首) (2014・10・28)
芝草(第3首)   
十月二十四日ひさしく懈(おこた)りて伸びつくしたる門前の土塀の芝草を刈りて日もやや暮れなむとするに訪ね寄れる若き海軍少尉ありと見れば昨秋我が校を去りて土浦の飛行隊に入りし長島勝彬なり明朝つとめて遠方に向はんとするよしいへば迎へ入るしばししめやかに物語して去れり物ごし静かなるうちにも毅然たる決意の色蔽ふべからずこの夜これを思うて眠成らず暁にいたりてこの六首を成せり     

 ひととせ の ひさし からぬ を かく の ごと  
               よき つはもの と たてる きみ かも      
             

           (一年の久しからぬをかくのごと良き兵と立てる君かも)
       
ひととせ 「一年。訪れた長島勝彬は昨秋入隊していた」
つはもの 「兵。兵士のこと」

歌意
 入隊して一年と経っていないのにこのような素晴らしい兵士となって君は私の前に立っているのだ。

 一年の入隊生活は学生を変えた。立派な兵士となった姿に八一は驚くが、それはまた惜別の証でもあっただろう。
芝草目次

山光集・芝草(第3首) (2014・6・1)
山鳩(第9首)

 ひとのよ に ひと なき ごとく たかぶれる
                まづしき われ を まもり こし かも 

              (人の世に人無きがごと高ぶれる貧しき我を守りこしかな)  

山鳩 「身の回りの世話をし、共に暮らした養女・きい子への挽歌21首。山鳩・序 参照」
きい子 「八一の実弟高橋戒三夫人の妹、20歳で八一の身の回りの世話に入る。33歳、八一の養女になる。昭和20年7月10日結核で死去(34歳)」
ひとのよ 「人の世。人間世界」
たかぶれる 「高慢、思い上がった態度をとる、尊大に振る舞う」

歌意
 世の中に人がいないかのごとく高慢で思い上がった私、しかも貧しいこの私をきい子はずっと守ってきてくれたのだ。

 八一は傍若無人ともとれる印象を与える。それは精神の孤高を保ち、貧しい生活を耐えて学芸に打ち込んできた外見に過ぎない。だが、八一自身も自覚していたようで、きい子の死の前で、そんな私なのにお前は支え続けてくれたと詠うのである。
山鳩目次

寒燈集・山鳩(第9首) (2013・2・3)
明王院(第2首) 

 ひと の よ の つみ と いふ つみ の ことごとく 
               やき ほろぼす と あかき ひ あはれ
             

             (人の世の罪といふ罪のことごとく焼き滅ぼすと赤き火あはれ)
       
明王院 「和歌山県高野町の高野山真言宗の寺院。高野山のなかほど本中院谷に所在。日本三不動のひとつ赤不動で有名」
あはれ 「深いしみじみとした感動、情趣をいう」

歌意
 人の世の罪という罪すべてを焼き滅ぼそうと不動明王の燃え上がる赤き火はなんと感動的なことか。

 不動明王(赤不動)は大日如来の化身で、燃え上がる炎を背にしている。この炎は、悪魔や煩悩を全て焼き尽くし、人々を救うと言われている。(下記前書を参照)

 前書  
 十九日高野山明王院に於て秘宝赤不動を拜すまことに希世の珍なりその図幽怪神異これに向ふものをして舌慄へ胸戦き円珍が遠く晩唐より将来せる台密の面目を髣髴せしむるに足る予はその後疾を得て京に還り病室の素壁に面してその印象を追想し成すところ即ちこの十一首なり。  語句解説
明王院目次

山光集・明王院(第2首) (2014・7・4)
山鳩(第13首)

 ひと みな の はばかる われ に つつま ざる
                なが ことのは の すがし かりし か

              (人皆のはばかるわれに包まざる汝が言の葉のすがしかりしか)  

山鳩 「身の回りの世話をし、共に暮らした養女・きい子への挽歌21首。山鳩・序 参照」
きい子 「八一の実弟高橋戒三夫人の妹、20歳で八一の身の回りの世話に入る。33歳、八一の養女になる。昭和20年7月10日結核で死去(34歳)」
はばかる 「差し障りをおぼえてためらう、気がねする、遠慮する」
つつまざる 「包まざる。包み隠さずはっきりと」
ことのは 「言葉」
すがし 「清し。清々しい、さわやか」

歌意
 周りの人は私を恐れて遠慮したが、私に対して包み隠さずはっきりと意見したおまえの言葉はとてもさわやかだった。

 「會津八一の生涯」(植田重雄著)から
 秋艸堂のもとに、多くの門下生、学生、知人があつまったが、道人はよく大喝激怒し、ときには絶交破門などした。この場合、些細なことであったり、理が弟子たちにあることもあった。そういう中で、きい子はそれは間違っていますとか、わがままですとか、ぴしぴし言った。道人も興奮がさめると、「おれは言いすぎたようだ」「悪かったな」などと後悔したらしく、絶交や破門が早く取り消されたりした。弟子たちはおそれて、言いたいことも言わぬ、しかし、きい子は正しいと信じることを言う。おれはこう思うが、きい子はどう考えるか。そういった反省が老齢とともに加わっていったらしい。養女のこの態度を、「すがすがしい」ばかりであると今更におもった。
山鳩目次

寒燈集・山鳩(第13首) (2013・2・5)
耶馬渓(やまけい)にて(第4首)
       
 ひと みな の よし とふ もみぢ ちり はてて
               しぐるる やま を ひとり みる かな

              (人皆の良しとふ紅葉散りはてて時雨るる山を一人見るかな)  

耶馬渓
「大分県中津市にある山国川の渓谷、景勝地として知られる。
“山国川の谿谷。「山」の字を「耶馬」と訓読して、かく命じたるは頼山陽(1780-1832)なり。今日にいたりては、原名の方かへりて耳遠くなれり。”自註鹿鳴集」
ひとみな 「誰もが」
よしとふ 「素晴らしいと言う」
しぐるるやま 「“時雨ふる山の景致。”自註鹿鳴集」

歌意
 誰もが素晴らしいと言う耶馬渓の紅葉はすっかり散っていて、時雨が降る寒々とした山を一人で眺めている。

 まさしく序に言う「霜葉すでに飛びつくしてただ寒巌と枯梢(こしよう)と孤客」(第1首参照)の世界である。紅葉は散りつくし、ごつごつとした岩肌が目立つ寂しい耶馬渓の景観もまた歌の対象である。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第31首) (2013・5・5)
四月十三日の夜アメリカ機の燒夷弾のもとに草廬たちまち焼け落ちて
満屋の図書器玩ことごとく灰燼となる(第1首)


 ひともと の かさ つゑつきて あかき ひ に 
               もえ たつ やど を のがれける かも

           (一本の傘杖つきて赤き火に燃え立つ宿を逃れけるかも)  

焼夷弾 「しょういだん。火炎や高熱によって人や建造物などを殺傷・破壊する爆弾・砲弾」
草廬 「そうろ。“ここに草廬といふは、「閑庭」にいふところにあらず。文化村の家をさせり。「寸緑」にいふところの「旧廬」即ちこれなり。”自註」
ひともと 「一本」
かさつゑつきて 「傘杖つきて。傘を杖としてついて」

歌意
 一本の傘を杖としてついて、赤い火に燃え上がっている家を逃れたのだなあ。

 空襲に燃え上がる家から身一つで逃れた。ほとんどが焼失し、病気のきい子と傘一本で命からがら逃れたのである。戦禍はついに八一の上にも降りかかってきた。その時のことを詠う8首。
焦土目次

寒燈集・焦土(第1首) (2014・10・11)
またあるあした(第1首)   

 ひともと の しひ の しづえ に ひかげ さす 
                 まど に そむきて あさ を ね に けり


               (一本の椎の下枝に日影さす窓に背きて朝を寝にけり )

ひともと 「一本」
しづえ 「下枝。下の方の枝」
そむきて 「背きて。背中を向けて」

歌意
 一本の椎の木の下枝に朝日が射している窓に背を向けながら、朝なのに私は寝続けている。

 病は続いた。朝日のあたるさわやかな朝なのに背くようにして寝続ける。悲しい心境である。
病間目次

山光集・病間(第15首) (2014・7・22)
菅原の喜光寺にて   

 ひとり きて かなしむ てら の しろかべ に 
           きしや の ひびき の ゆき かへり つつ


            (一人来て悲しむ寺の白壁に汽車の響きのゆきかへりつつ)

菅原
喜光寺
かなしむ
「奈良市菅原町」
「721(養老5)年、行基が創建、古くは菅原寺と言った」
「悲しいほどに荒れ果てた。追記1参照」

歌意
 一人やってきて、この寺の荒れ果てた様を悲しんでいる私に汽車の響きが、寺の白壁にゆきかえりする。

 八一が訪れた頃は荒廃はなはだしく、海竜王寺にての歌を詠んだ時と同じ心境だったであろう。荒れ果てる寺の現状を憂う心を素直に表現し、悲しみを増幅させる汽車の響きを白壁と
対置させて読者の感慨をさそう。平易に詠いながら、色彩、音を調和させた調べの良さは八一ならではである。
 訪れた4月20日、簡素だが寺内はよく手入れされていた。本堂は消失後室町時代に再建されたもの、近年修復があったらしく、この歌の詠まれた当時の面影は無かった。堂内には観音と勢至(せいし)菩薩を両脇侍にした丈六の穏やかな阿弥陀如来座像が安置されていた。 

追記1
 歌碑建立
 喜光寺に、会津八一の奈良16基目の歌碑が平成22年10月31日に建立された。八一の南京新唱は奈良導きの歌集と言われるが、廃仏毀釈以降の荒廃した奈良に対峙しながら、古代への憧憬を詠ったものが多い。さらにその背景には失恋による感傷もある。寺が修理され、春に南大門が再建された現在ではとても当時を想像できないが、12月に友人たちと訪ねる時には大正時代に戻ってみたい。
 八一は自註鹿鳴集でこう言う。
 作者が、この歌を詠みしは、この寺の屋根破れ、柱ゆがみて、荒廃の状目も当てかねし頃なり。住僧はありとも見えず。境内には所狹きまでに刈稻の束を掛け連ねて、その間に、昼も野鼠のすだくを聞けり。すなはち修繕後の現状とは全くその趣を異にしたりき。
 吉野秀雄は鹿鳴集歌解にこう書いている。
 かすかな「きしやのひびき」にもほろほろと土をこぼしそうな、古びた崩れかけた白壁の白さの哀愁である。汽車を点出して、少しも不調和でなく、よく渾熟した詩美を醸している。(2010・11・27)

追記2 喜光寺の親切
 喜光寺の歌碑を12月3日に仲間と見学した。私も鹿鳴人も建立に寄付しているので思い入れは強い。訪れた午後、強風と冷雨に見舞われ本堂に逃げ込むぐらいだった。歌碑見学後、南大門を出ようとすると受付のある狭い内部に外国人の画家が風雨を避けていた。「境内で写生していた人にあまりの雨と風だったので入っていただいたのですよ」と受付の人が言う。スケッチブックを見せてもらいながら、寺の暖かさを感じた。 (2010・12・20)

追記3
 歌碑写真
友人・鹿鳴人が喜光寺の歌碑の写真を送ってくれた。承諾を得て以下に掲載する。(2011・2・21)
 
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第51首) (2007・4・23)
ふたたび厳島を過ぎて(第5首)

 ひとり きて しま の やしろ に くるる ひ を
               はしら に よりて ききし しほ の ね

              (一人来て島の社に暮るる日を柱に寄りて聞きし潮の音)  

放浪唫草
「さすらいの旅で詠った歌の草稿。放浪唫草(ぎんそう)目次参照」
厳島 「いつくしま。広島県南西部、廿日市(はつかいち)市の島。日本三景の一つ。厳島神社(別名、安芸の宮島)がある」
よりて 「凭(寄)りて、もたれかかって」
しほのね 「潮の寄せては返す音」

歌意
 一人やってきたこの厳島神社に日は暮れようとしている、私は柱に寄りかかって寄せては返す潮の音に聞き入っていた。

 一度は訪れたかった厳島神社、放浪の旅の途中で立ち寄り思いを果たす。病身の八一にとっての捨て身の思いでの旅は同時に孤独な旅であった。同じ「はしら」でも唐招提寺の「まろきはしら」の歌の奥深さとはちがっている。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第13首) (2013・4・23)
病中法隆寺をよぎりて(第4首) 

  ひとり きて めぐる みだう の かべ の ゑ の 
              ほとけ の くに も あれ に ける かも


             (一人来て巡る御堂の壁の絵の仏の国も荒れにけるかも)

みだう
かべのゑ
ほとけのくに
「御堂。法隆寺金堂のこと」
「法隆寺金堂の壁画」
「金堂の壁画に描かれた仏の国。参照」

歌意
 ただひとり法隆寺にきて、巡り見る金堂の壁画に描かれた仏の国も荒れてしまったことだなあ。

 金堂の壁画の荒廃は激しく、八一は耐え難い気持ちを深い悲しみを持って一気に詠った。後年の火災による「全滅とも云うべき」壁画はもう見ることができないが、のちに現代の画家たちによって綿密に再現され、金堂の「ほとけのくに」を作っている。現在、奈良博物館で展示され、適切な照明のもとで見ることができる。再現壁画はせめてもの幸せである。なお、壁画関連は東京大学総合研究博物館を参照。
         第1首  第2首  第3首  第4首  第5首  第6首  第7首

 ほとけのくに(自註鹿鳴集)
仏土。仏国。壁画は金堂の内壁大小十二面に四方四仏の浄土、ならびに、その脇侍に擬すべき諸菩薩の像を描けり。この歌は壁画の剝落(はくらく)甚しきに、仏国荒廃の意を託して詠めるなり。先年さる方面より、これ等の壁画の保存方法につきて意見を求められしに対して、作者は、これら十二枚を、いとも周到なる用意のもとに切り取りて、別の安全な処に保管し、その跡には現代作家をして新(あらた)に揮毫(きごう)せしむるに如(し)かずとの意見を送りたるに、忽(たちま)ち法隆寺の内外より猛烈なる反感を招き、不謹慎、不敬虔の譏(そしり)をさえ受けしが、その後、その寺にて不注意より起こりし火災のために、壁画は殆ど全滅とも云ふべき大破を来(きた)したり。当時作者の意見の用ゐられたりしならばと、遺憾(いかん)最も深し。 
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第71首) (2008・07・5)
観世音寺の鐘楼にて(第3首)
     
 ひとり きて わが つく かね を ぬばたまの 
               よみ の はて なる ひと さえ も きけ 

             (1人来て我が撞く鐘をぬばたまの黄泉の果てなる人さえも聞け)  

観世音寺 「福岡県太宰府市観世音寺5丁目にある天台宗の寺院。続日本紀によると、天智天皇が亡き母斉明天皇の菩提と弔うために発願した寺である。菅原道真をおもひての“とふろう”解説中にある観音寺はこの寺のこと」
ぬばたまの ぬばたまの実が黒いところから、黒、夜、夕、宵、髪などにかかる枕詞
よみ 「黄泉、死後その魂が行くとされている地下の世界。冥土(めいど)」
よみのはてなるひと 「遠いあの世の果てにいる人。ここでは菅原道真を想定する
さへ すでにあるものの上に、さらに付け加える意を表す。今聞く人だけでなく、あの世の人も」

歌意
 1人やってきて私が撞いた鐘の音を今現実に聞いている人だけでなく、あの世の果てにおられる人達も聞いて下さい。

 我が鐘の音をあの世の人も聞いて欲しいと訴える。そこには八一の古代への憧憬に支えられた昔の人への思いも重なる。大宰府跡、菅公が聞いたであろう鐘の前ではいやが上にも気持は高揚する。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第57首) (2013・6・7)
柴売(第4首)

 ひとり すむ みどう の には に つどひ きて
                むらびと さわぐ しば かふ らし も    

              (一人住むみ堂の庭に集い来て村人騒ぐ柴買ふらしも)  

柴売 「八一は昭和20年7月10日に養女きい子を亡くし、10月まで観音堂に独居する。それは心の安寧のために必要な時間だったであろう。観音堂をめぐる柴売の情景が詩的な抒情詩として6首詠われる。同じ時の歌、山鳩21首観音堂10首と共に味わいたい」
しば 「柴。山野に生えているあまり大きくない雑木やその枝、燃料に使用する」

歌意
 一人で住んでいる観音堂の庭に集まってきて、村人がやかましく騒いでいる。柴を買うためらしい。

 村人が観音堂の庭で柴を売買する。冬を迎えるための日常的な行為だが、ひっそりと一人居する八一に取っては目を見張る光景だったのであろう。
柴売目次

寒燈集・柴売(第4首) (2013・3・2)
山鳩(第20首)

 ひとり ゆく よみぢ の つかさ こと とはば
                わが ともがら と のら まし もの を 

              (一人ゆく黄泉路の司こと問はばわが輩とのらましものを)  

山鳩 「身の回りの世話をし、共に暮らした養女・きい子への挽歌21首。山鳩・序 参照」
きい子 「八一の実弟高橋戒三夫人の妹、20歳で八一の身の回りの世話に入る。33歳、八一の養女になる。昭和20年7月10日結核で死去(34歳)」
よみぢ 「黄泉(よみ)の国へ行く道。冥土(めいど)への道」
つかさ 「司。 (黄泉の国の)役人。官吏」
ともがら 「輩。仲間」
のらましものを 「宣(告)らましものを。“ものを”は詠嘆。言えばよいのだよ」

歌意
 たった一人で行く黄泉の国の役人が、おまえはどういう者だと問うたならば、會津八一の仲間だと言えばいいんだよ。

 私の仲間だと告げればいい。なにか傲慢不遜に聞こえるがそうではない。一生を学問に費やし、とりわけ仏教美術の研究を通じて、仏教世界にも精通した八一の自負を背景に、黄泉路のきい子を気遣うのである。
山鳩目次

寒燈集・山鳩(第20首) (2013・2・8)
法隆寺壁画の作者をおもひて(第1首)

 ひのもと の みてら の かべ に ゑがかむ と 
               しほ の やほぢ を わたり こし ひと    

              (日本のみ寺の壁に描かむと潮の八百路を渡り来し人)  

彩痕
「色彩のあと、絵画の筆跡」
法隆寺壁画の作者 「“壁画の作者は、往時はこれを、南梁より来りし司馬達等の孫なる止利なりといひ、或は百済の人曇徴なりと云はれしことあるも、確証なきのみならず、画風としては此の二人より稍おくるるものと認むるを常識とすべし。近年、邦人の筆に成れりと主張する人ありしも、予は肯せず。”自註」
ひのもと 「日が昇る本の意から日本の異称、日の本の国 」
みてら 「み寺。ここでは法隆寺」
しほのやほぢ 「潮の八百路。はるかな海の路のこと。“八百”は数のきわめて多いこと」

歌意
 日本の法隆寺の壁画を描こうとはるかな海原を渡ってきた絵師よ。

 昭和20年6月、敗戦は決定的になり本土爆撃は目の前に迫っていた。長年、八一が愛し続けてきた金堂壁画の危機も感じていただろう。そうした中で、壁画の作者への想いを詠う。なお、大正10年に壁画を歌った“南京新唱・病中法隆寺をよぎりて、第3首~7首”にある滅びゆく美への想いと違って、芸術、及び芸術家に対する感動を表現する。
 故植田重雄はそのことをこう書いている。“一たび去ってはるかな彼方へゆく。名を残さず、心ゆくまで壁画を画いて去っていった仏師の態度こそ芸術において至り得た境であると自得した。緊迫した戦争のさ中における壁画と道人のひそやかな感応道交である。”(秋艸道人 會津八一の芸術)
彩痕目次

寒燈集・彩痕(第1首) (2014・8・12)
十一月十日学生を伴ひ奈良に向ふとて汽車の窓より
東方の海上を望みて(第5首)   

 ひのもと は かみ の もる くに みほとけ の 
               しき ます くに と やくも たつ らし  
             

           (日本は神の守る国み仏の領きます国と八雲立つらし)
       
ひのもと 日本の異称
もるくに 「守る国」
しきます 「領(治)きます。統治する、治める
やくもたつ 八雲立つ。雲が盛んに立ちのぼる。もともとは“出雲”にかかる枕詞

歌意
 この日本の国は神が守る国、そしてみ仏があまねく治めたもう国であると、幾重にも雲が重なって立つのであろう。

 海上5首は国家と民族の危機を背景に人々を鼓舞する歌と言える。戦争を擁護、賛美することは時代としては仕方なかっただろうが、今日的には歌として取り上げる価値は無い。
海上目次

山光集・海上(第5首) (2014・6・4)
鐘楼(第4首)   
三月十四日二三子とともに東大寺に詣づ客殿の廊下より望めば焼きて日なほ浅き嫩草山の草の根わづかに青みそめ陽光やうやく熙々たらむとすれども梢をわたる野風なほ襟に冷かにしてかの洪鐘の声また聞くべからずことに寂寞の感ありよりて鐘楼に到り頭上にかかれる撞木を撫しつつこの歌を作る

 ひびき なく かかる この かね みほとけ の  
                  おほき こわね と きく べき もの を                  


           (響きなくかかるこの鐘み仏の大き声音と聞くべきものを)
       

クリックを

熙々 「きき。やわらぎ楽しむさま。ひろびろとしたさま。往来のはげしいさま(大辞林)」
洪鐘 「こうしょう。大きな釣鐘」
寂寞 「せきばく。ひっそりとして寂しいさま」
撞木 「しゅもく。釣り鐘を突く棒」
かかる 「懸かる。(鐘が)懸かっている」
こわね 「声、声の調子」
ものを 「・・・のになあ、・・・のだがなあ」

歌意
 (撞かないので)響くことなく懸かっているこの鐘だが、本当は鳴り響いてみ仏の大きな声音として聞くべきものなのになあ。

 鳴らない鐘への嘆きである。鳴り響くべき鐘への深い思いと戦時下の音響管制への怒りが交錯する。
 写真は鹿鳴人提供(2014・5・24)の東大寺鐘楼。 
鐘楼目次

山光集・鐘楼(第4首) (2014・5・15)
小園(第4首)
     
 ひびき なき サジタリアス の ゆみ の を の
               かど の かれき に かかる このごろ 

             (響きなきサジタリアスの弓の緒の門の枯木にかかるこの頃)  

小園 「会津八一が住んだ下落合秋艸堂(1922-1935年)の庭園」
サジタリアス 射手座」
ゆみのを 「弓の弦。“弓の緒。即ち弦(ユヅル)のこと。星座のことなれば、弦が人の目に見ゆるにはあらねど、近頃は恰(あたか)も我が家の庭木の枯枝に、その弦の懸りてありとも見るべき夜頃となれりと詠みたるなり。”自註鹿鳴集」
かど
かれき 「“・・・「かれき」といひても、ここにては落葉せる木立といふほどの意なり。”自註鹿鳴集」

歌意
 音も無く天空を動くサジタリアス(射手座)の弓の弦が我家の門の辺りの落葉した木の枝にかかる頃になった。

 晩秋の夜の庭を夜空の射手座の弾く弓の弦と重ねて表現した壮大な歌である。天文学の知識なくしてこの表現は出来ないだろう。( 参照)
 夏の星座である射手座が低い位置に見えるのは秋、その観点から冬ではなく、晩秋の作と考えた。

 
 八一と天文学
 若い時から天文学に興味があり、そのことが奈良学に入る前のギリシャへの傾倒の緒になったと思われる。大学卒業後赴任した有恒学舎(新潟県上越市)で天文学に凝った八一が夜な夜な外に出ることから、タヌキに間違われたと言う逸話が残っている。
 この頃の情熱的な若き八一の手紙を以下に引用するが、上記の成熟し落ち着いた歌との関連で参考にして欲しい。
 失恋と寒村での孤独な境遇の中で親友・伊達俊光に送った手紙から(明治40年12月)
 「……深夜星図を提げて、僕が村辺の橋上に立つとき、生命あるが如く見ゆる者は、満点の星宿あるのみ。予は死の世界に立ちて生の趣味を恋ふる者にあらざるか。……おゝ吾が友よ!吾を憐め、爛々炬火の燃ゆるが如き冬天にも、一望して一等星の光彩を放ちて僕が眼底を射るものは其数よく五指に算ふるに足らず。吾が友よ、君と我が恋ふる人をたとへなば、君は南天のCanis Major(カニス・マヨール=大犬座、天狼星)にして、彼女は北点のLyra(ライラ=琴座)か。……」(植田重雄著會津八一の學藝より)
小園目次

鹿鳴集・小園(第4首) (2013・9・16)
大分市外上野の石仏をみて

 ひびわれし いし の ほとけ の ころもで を
               つづりて あかき ひとすぢ の つた

              (ひび割れし石の仏のころもでを綴りて赤き一筋の蔦)  

放浪唫草
「さすらいの旅で詠った歌の草稿。放浪唫草(ぎんそう)目次参照」
大分市 「大分市(おおいたし)は、日本の九州地方の東部、大分県の中部に位置する市で、同県の県庁所在地」
上野の石仏 「平安時代後期(11世紀中頃)の磨崖仏、大分市街地にほど近い上野丘台地の中腹にある石仏群」
ころもで 「袖」
つづりて 「綴りて、とじ合わせて、縫い合わせて」
つた 「ブドウ科の落葉性の蔓(つる)植物」

歌意
 ひび割れた石の仏の袖を縫い合わせたかのように赤く紅葉した一本の蔦が伸びている。

 風化した石仏に一本の赤い蔦、とても印象的な歌である。
 放浪唫草は大正10年11月から、西国九州の古寺古跡、石造美術の調査を行うとして出かけた旅の歌である。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第24首) (2013・4・29)
万福寺仏殿の用材は故国より筏(いかだ)に編みて曳き来りしとて
柱に貝殻の着きし跡あり 開山の鴻図(こうと)を憶(おも)はしむ


 ひむがし の うみ に うかびて いくひ に か 
                この しきしま に よ は しらみ けむ

              (ひむがしの海に浮かびていく日にかこの敷島に夜は白みけむ)  

万福寺
「黄檗山万福寺は1661年に中国僧隠元によって開創された宇治市にある黄檗宗(禅宗)の総本山。“黄檗の三筆(隠元、木庵、即非)”は有名、また“普茶料理(中国風の精進料理)”でも知られる」
開山 「寺院を創始することを指す仏教用語で、山間に建立されることが多く、山号を有したことに由来する。転じて寺院を開創した僧を指す。ここでは中国僧隠元のこと」
鴻図 「おおきな目的」
ひむがしのうみ 「(中国の)東の海」
しきしま 「日本の異称、古名」

歌意
 故国・中国から東の海に用材の筏を引いた船を出し、何日かかったのだろうか、この日本の白み始めた夜明けを見ることができたのは。

 万福寺開創の隠元が日本側(徳川家綱)からのたびたびの招請に応じて、やってきたのは63歳の時だという。柱に付着した貝殻から、隠元渡航の労苦と到着した時の様相をダイナミックに詠った歌である。天平時代の鑑真(63歳で渡日)といい、中国僧の来日の苦労と日本への大きな影響を改めて思う。
観仏三昧目次

鹿鳴集・観仏三昧(第18首) (2013・1・4)
大仏讃歌(第1首)   
天平十三年四月聖武天皇諸国に詔して国分寺を建てしめ十五年十月東大寺廬舎那の大像を創めしめたまふその義華厳梵網の所説に拠りたまへるものの如し予しばしば此寺に詣で金容遍満の偉観を瞻仰してうたた昔人の雄図に感動せずんばあらずかつて和歌一首を成せり曰く「おほらかにもろてのゆびをひらかせておほきほとけはあまたらしたり」と今日また来りてその宝前に稽首し退いてさらに十首を詠じ以て前作の意を広めむとす邦家いまや四海に事多し希くは人天斉しく照鑑してこの聖皇の鴻願をして空しからざらしめむことを
  昭和十八年三月十一日   

 ひむがし の やまべ を けづり やま を さへ  
                  しぬぎて たてし これ の おほてら   
             

           (東の山辺を削り山をさへ凌ぎて建てしこれの大寺)
       

大仏讃歌目次 参照」
ひむがしのやまべ 「東の山辺。“平城京より望みて東方に当れる丘陵地帯をいひしなり。・・・”自註」
しぬぎて 「凌ぎて。能力・程度などが他のものを追い抜いて上に出る、他よりまさる。ここでは山よりも高いと言う」

歌意
 平城京の東の山辺を削り、山よりも高く建てた大寺であるよ、東大寺は。

 先ずは大仏を収めるこの寺の巨大さを“やまをさへしぬぎて”と強調して詠む。“やま”の反復等による語調の良さとどっしりとした詠いだしが大仏讃歌の初めにふさわしい。
大仏讃歌目次

山光集・大仏讃歌(第1首) (2014・5・8)
戒壇院をいでて  
 
 びるばくしや まゆね よせたる まなざし を
            まなこ に み つつ あき の の を ゆく

         (毘楼博叉まゆね寄せたるまなざしを眼に見つつ秋の野を行く)

戒壇院


びるばくしや
まゆねよせたる
まなこにみつつ
「754年、聖武上皇は光明皇太后らとともに唐から渡来した鑑真から戒を授かり、翌年、日本初の正式な授戒の場として東大寺に戒壇院を建立した。四隅には国宝の四天王が配置されている」
「毘楼博叉。広目天=西方世界を守護サンスクリットの漢字音写」
「“両の眉を寄せて、遥かなる彼方を見入るが如き目つきなり。”自註鹿鳴集」
「目に見るごとく、思い浮かべながら」

歌意
 広目天が両方の眉を寄せてはるか彼方をみている、その目の表情が素晴らしいので眼前に思い浮べながら、私は秋の野を歩いていく。

 「びるばくしや」という語が、短歌と調べという文芸の最大の魅力を引き立たせている。この音調ゆえに古今の名作になった。当初、毘楼博叉という語が人々に理解されなかったので、八一は随筆・渾齋隨筆のなかで辞書ぐらい引けばと苦情を言い、毘楼博叉と広目天の音調の違いを力説した。
 マ行の効果的な使い方。八一は何度も何度も音読して作っている。その上、八一は広目天に自分に相通ずるものを感じている。 (広目天は筆と書を持つ)

 「この廣目天は、何事か眉をひそめて、細目に見つめた眼(まな)ざしの深さに、不思議な力があって、私はいつもうす暗いあの戒壇の上に立って、此の目と睨み合ひながら、ひとりつくづくと身に沁み渡るものを覺える。まことに忘れられぬ目である。やがて此の堂を出て、春日野の方へ足を向けても、やはり私の目の前には此の目がある。何處までもついて離れぬ目である。私はこれを歌にした。
                                  渾齋隨筆 毘楼博叉より
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第32首) (2002・11・11)
折りにふれてよめる(第3首)
     
 ふじ の ね の そこ つ いはね に もゆる ひ の
               あかき こころ は しる ひと も なし 

             (富士の嶺の底つ岩根に燃ゆる火の赤き心は知る人も無し)  

ふじのねの 「富士の嶺の。富士山の。富士山の燃えて火を噴く意から、“燃ゆ”にかかる枕詞」
そこついはね “底つ岩根。大地の底なる磐石(ばんじゃく)。”自註鹿鳴集
もゆるひ 「マグマ」

歌意
 富士山の地下深い磐石の下に燃えるマグマのように私の心の中で燃える情熱を誰も知らない

 上3句が「あかき」を導く序詞になっている。大正9年、40歳の時、坪内逍遥に送った作品。早稲田中学教頭職にあったが、幹事と対立し悩み、健康を損ねて行った時に自らの苦衷を理解してもらおうと送ったのであろう。この苦悩の中からその後の人生の転機になる「山中高歌」が生まれる。
小園目次

鹿鳴集・小園(第8首) (2013・9・21)
当麻寺にて(第2首)

 ふたがみ の すそ の たかむら ひるがへし 
               かぜ ふき いでぬ たふ の ひさし に


              (二上の裾の竹群ひるがえし風吹きいでぬ塔の廂に)


ふたがみ

すそ
たかむら
「二上山、大和と河内の間にある山、雄嶽(おだけ)雌嶽(めだけ)からなる」
「二上山の麓」
「竹群。竹林」

歌意
 二上山の麓の竹林を大きくひるがえすように吹きだした風が、当麻寺(たいまでら)の三重の塔の廂に吹きつけている。

 八一は自註鹿鳴集で言う。「歌の心は塔の廂(ひさし)に迫れる叢竹(むらたけ)が、山颪(ヤマオロシ)のために吹き煽(あお)らるるさまを遠望していへるなり。
 天候が変わりやすい二上山の麓の当麻寺、寺内を吹き抜ける風を塔の廂と竹の動きの中で捉えながら、風景を平易な表現で見事にとらえる。歌は秋に作られたが、春の季節でも味わい深い。筍が顔を出す春に訪れたが、今は刈り取られて少なくなった竹林からこの歌を追体験してきた。
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第79首) (2006・04・21)
当麻寺にて(第1首)

 ふたがみ の てら の きざはし あき たけて 
                やま の しづく に ぬれぬ ひ ぞ なき

            (二上の寺のきざはし秋たけて山のしづくに濡れぬ日ぞなき)

当麻寺 「 當麻寺(たいまでら)は、奈良県葛城市にある奈良時代創建の寺院。開基(創立者)は聖徳太子の異母弟・麻呂古王とされるが、草創については不明な点が多い。役の行者の故地であることから、これを開山第一世に擬す。東塔・西塔の三重塔が創建後あまり時を距てない時期のまま残り、他の伽藍は後世に再建あるいは建立された。西方極楽浄土の様子を表わした当麻曼荼羅の信仰と、蓮糸を使って一晩で織ったと言われる曼荼羅にまつわる中将姫伝説で知られる古寺である。ここでの“ふたがみのてら”は当麻寺をさす」
ふたがみ 「二上山、大和と河内の間にある山、雄嶽(おだけ)雌嶽(めだけ)からなる」
あきたけて 「秋が深まって」
きざはし 「階段」
やまのしづく 「“山気の凝(こご)りて成りたる露滴をいふ。この語、現代人に稍(やや)耳遠きが如くなれども、『万葉集』巻二なる大津皇子(おおつのみこ)と石川郎女(いしかわのいらつめ)との唱和に見えたる後、歴代の歌集にしばしば用例あり。”自註鹿鳴集」

歌意
 秋が深まって当麻寺の石段は、山のしづくに濡れない日などない。

 季節の変化が激しい二上山の山腹に立てられた当麻寺の深まる秋、寺の石段には「山気の凝りて成りたる露滴」が木々の梢から落ちる。「やまのしづく」と言う言葉を使って山寺の秋の風情を見事に表している。
 「きざはし」について八一は自註で「本来の正門の石段」とわざわざ書いている。時代とともに伽藍の配置が変わったので、現在では「本来の正門の石段」は無くなっている。美しい東塔・西塔の三重塔を正面に見るところが正門(南)のはずだが、現在は東になっている。過日、南側を写真に収めてきたが、ここは念仏院への石段である。  

南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第78首) (2006・10・09)
松の雪(第4首)
     
 ふたつ きて ひとつ いにたる やまがら の 
               こゑ はるか なる には の しらゆき

             二つ来て一ついにたる山雀の声はるかなる庭の白雪  

いにたる 去にたる、往にたる。行ってしまった、去ってしまった
やまがら 「山雀。全長約14cmのスズメ目シジュウカラ科の小鳥。鳴き声がよく、低山帯の森林にすみ、昆虫や木の実などを食べる」
       
歌意
 二羽来た山雀の一羽が去っていってはるかにその鳴き声が聞こえてくる、庭の白雪のあたりに。

 山雀の動きと鳴き声をとらえて詠う。庭の白雪を越えて窓辺に鳴き声が聞こえてくるのである。
松の雪目次

寒燈集以後・松の雪(第4首) (2014・12・01)
根本中堂の前に二株の叢竹あり 開山大師が唐の
台岳より移し植うるところといふ(第2首)


 ふたむら の この たかむら を みる なべに 
                   たう の みてら を おぼし いで けむ 
 

              (二むらのこの竹群を見るなべに唐の御寺をおぼしいでけむ)

ふたむら
たかむら
なべに
たうのみてら
おぼしいでけむ
「二叢(むら)、二つの群れ」
「竹群。群がって生えている竹」
「それと共に。それにつれて」
「最澄が学んだ唐の天台山にある国清寺」
「おぼすは思う。思い出しになったであろう」

歌意
 この二つの竹群を見るにつけて、留学した唐の天台山国清寺を思い出しになったことであろう。
 
 早稲田の学生達を連れて度々美術研修旅行を行った学究一筋の八一にとって、唐に留学して勉学した最澄の心境に共鳴すること多大であっただろう。 第1首へ
比叡山目次

鹿鳴集・比叡山(第4首) (2011・11・18)
法華寺本尊十一面観音

クリックを

 ふぢはら の おほき きさき を うつしみ に 
              あひ みる ごとく あかき くちびる


              (藤原の大き后をうつしみに相見るごとく赤き唇)

法華寺

十一面観音


おほききさき
うつしみ
「藤原不比等の娘・光明皇后(聖武天皇皇后)が父の没後旧宅を喜捨して奈良に
建立した総国分尼寺」
「皇后を象って作ったと言い伝えられる。豊麗な女性を思わせる榧の木の1本彫刻。平安時代作の国宝。通常は本物と違わぬ模造仏が公開されている」
「光明皇后、この寺の温室(蒸し風呂)で千人の人に施した伝説がある」
「現実に。皇后を目のあたりに見る思いで」

歌意
 藤原時代のあの立派な皇后を実際に目のあたりに相見ますような生き生きとした美しい赤い唇の色であることよ。

 美しい観音に惹かれて友人を誘い再訪した。観音像は人間の姿を模しながら、その豊麗・豊満な姿の中に微妙なバランスで仏を具象している。エロチシズム的表現とも取られるような言葉「赤き唇」で八一は仏の美しさを余すところなく歌い上げた。おおらかでリズミカルな調べのこの歌を作者も愛誦した。

クリックを

クリックを
昭和40年11月歌碑建立
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第43首) (2002・06・05)
二十六日山内義雄に導かれて嵯峨に冨田渓仙の遺室を
弔(とむら)ふ(第3首)


 ぶつだん に とぼし たつれば すがすがし 
                あすかぼとけ の たちて います も

              (仏壇に灯火立つればすがすがし飛鳥仏の立ちていますも)  

山内義雄
「やまのうちよしお。1894年~1973年。フランス文学者、長く早稲田大学ほかの教職を勤めた。八一とは親しい同僚。詩人クローデルとの関係から冨田渓仙と交流」
冨田渓仙 「とみたけいせん。1879~1936年。明治から昭和初期に活躍した日本画家」
とぼし 「灯火。蝋燭の火」
すがすがし 「さわやかで気持ちがいい」
あすかぼとけ 「飛鳥時代に造られた仏像。法隆寺金堂の釈迦三尊像など」

歌意
 仏壇に燈明を立てるとなんとさわやかで気持が良いのだろう、飛鳥仏もすがすがしく立っておられる。

 故冨田渓仙の遺室(アトリエ)を訪れ、今だ彼が生きているかのような室内にすがすがしさを感じた連作3首目である。表情に若々しさの残る飛鳥仏がその気持ちを助長する。  第1首 第2首 第3首
観仏三昧目次

鹿鳴集・観仏三昧(第27首) (2013・1・20)
新年同詠船出応制歌    昭和二十八年二月五日
                     宮中歌会始の儀に際しての召歌    

 ふなびと は はや こぎ いでよ ふき あれし 
               よひ の なごり の なほ たかく とも


           (船人ははや漕ぎいでよ吹き荒れし宵の余波のなほ高くとも)  

新年同詠 「しんねんどうえい。新年にともに詠める歌。同詠を訓読みすると“ともによめる”」
応制歌 「(天皇)の勅命によって詩歌を詠進すること、また、その詩歌」
歌会始 「うたかいはじめ。毎年1月に皇居内で行われる新年最初の歌会。一般国民の詠進歌から選ばれた和歌が、天皇・皇后・皇族の詠歌とともに披講される」
召歌 「歌会始で、召人(めしうど、宮中で行われる歌会始めの際、題にちなんだ和歌を詠むように特に選ばれた人)が詠進した歌」
よひのなごり 「宵の余波。昨夜吹き荒れた後に残っている波」

歌意
 船人たちよ、早く漕ぎ出していこう。吹き荒れた昨夜のなごりの波がまだ高くうねっていようとも。

 八一は召人として歌会始に参列し、「船出」という題に上記の歌を披露した。敗戦の荒廃の中から、奮い立って世界に乗りだし、苦難を乗り越えて新しい国を作っていこうと詠った。
 歌碑が県立新潟高等学校に立っている。 
新年同詠船出応制歌目次

寒燈集以後・新年同詠船出応制歌 (2014・12・9)
鞆の津にて(第2首)

 ふね はつる あさ の うらわ に うちむれて
                しろき あひる の なく ぞ かなしき  

              (船泊つる朝のうらわにうち群れて白き家鴨の鳴くぞかなしき)  

放浪唫草
「さすらいの旅で詠った歌の草稿。放浪唫草(ぎんそう)目次参照」
鞆の津 「とものつ。広島県福山市鞆地区の港湾およびその周辺海域を鞆の浦と呼び、そこの最大の港を鞆の津と呼んだ。1961年に福山港へ編入。古来、瀬戸内海航路の要所として知られる」
はつる 「泊つる、停泊する」
うらわ 「浦回、入りくんだ海岸」
かなしき 「“かなし、いとほし、かはゆしの義”自註鹿鳴集」

歌意
 船が停泊する朝の入りくんだ海岸に群がって鳴いている白いアヒルたちのなんと愛しいことか。

 鞆の浦(鞆の津)の港で鳴くアヒルの群れは可愛いらしいが、旅をする者にとっては淋しく聞こえてもいるであろう。船で瀬戸内海を行く旅情である。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第4首) (2013・4・15)
八月二十三日友人山口剛を誘いて大塚に小鳥を買ふ(第4首)

 ふみ あまた とも は よめれど おほつか の
               とりや に たてば わらわべ の ごと

              (文あまた友は読めれど大塚の鳥屋に立てば童部のごと)  

斑鳩
「斑鳩12首 目次参照
山口剛 (たけし)八一の親友。1880-1932、 茨城県生まれ、早稲田大学教授(国文学者)。『山口剛著作集』全6巻(中央公論社) 震余第7首参照
とも 「読書家で学者である山口剛のこと」
わらわべ 「童部。子供、子供たち」

歌意
 書物を沢山読み、博学で学者である友人も大塚の鳥屋の中に立つと鳥に囲まれて子供のようだ。

 鳥好きの八一ゆえに山口剛の子供のように喜ぶ姿が嬉しかったであろう。大学教授であっても素直な気持ちを持ち続ける友人の姿、八一の彼への温かいまなざしが感じ取れる。            
斑鳩目次

鹿鳴集・斑鳩(第4首) (2013・8・7)
丹呉氏の炉辺にて(第4首)
     
 ふみ よまず もの も おもはず くりやべ の 
               くらき に とし の くれむ と する も

             (書読まずものも思わず厨辺の暗きに年の暮れむとするも)  

幽暗 「奥深く暗いこと、さま。昭和20年12月に詠んだ4首」
丹呉氏 「八一が東京で罹災し疎開した郷里・新潟の素封家。父方の遠縁の親戚、当主は丹呉康平で町長を務めていた」
くりやべ 「厨辺。厨(くりや)は台所のこと、辺(べ)その周辺」
       
歌意
 書物も読まず、思索する事もなく台所のあたりの薄暗い所に時を過ごして、今年も暮れようとしている。

 罹災、疎開、きい子の死からまだ立ち直れない昭和20年の年の暮れである。薄暗い台所の炉端で孤独に向き合って詠んだ4首、まさしく幽暗である。
幽暗目次

寒燈集以後・幽暗(第4首) (2014・11・22)
山鳩(第7首)

 ふみ よむ と ただに こもれる わが いほ に
                はべりて すぎし ひとよ かなし も 

              (文読むとただに籠れるわが庵に侍りて過ぎし一世悲しも)  

山鳩 「身の回りの世話をし、共に暮らした養女・きい子への挽歌21首。山鳩・序 参照」
きい子 「八一の実弟高橋戒三夫人の妹、20歳で八一の身の回りの世話に入る。33歳、八一の養女になる。昭和20年7月10日結核で死去(34歳)」
ただに 「単に」
わがいほ 「“いほ”は庵で、貧しい粗末な家。八一が秋艸堂と名付けた家を卑下して言った」
ひとよ 「一世。一生」

歌意
 書物を読むためにとただただ籠ってばかりいる私の粗末な家に来て、おまえが仕え、家事に一生を終わったことを思い起こすととても悲しい。

 学者(八一)の身の回りの世話をすることだけで終わったきい子の一生を思うと悲しい。家事以外にいろいろな世界がある。あれもこれもきい子にさせたかったと思ってももう遅い。山鳩・序で「きい子は平生学芸を尚び非理と不潔とを好まず絶命に臨みてなほ心境の明清を失はざりしに・・・」と書いた八一は山鳩・第15首でもし男に生まれたなら、一角の人物になったであろうと詠んでいる。
山鳩目次

寒燈集・山鳩(第7首) (2013・2・2)
二日飛報あり叔父の病を牛込薬王寺に問ふ
この夜春雪初めていたる (第1首)

 ふみ よむと もの を し かく と おもほえし
               ひと おい はてて ここ に こやせる

              (書読むと物をし書くと思ほえし人老い果ててここにやせる)  

叔父
「会津友次郎(会津本家の当主)昭和15年2月3日76歳で没す。八一の少年時代にその才を認め文芸への影響を与えた人。春雪目次参照」
ふみよむ 「書読む。書物を読む」
ものをしかく 「“「し」は助詞。「書きものをするにつけても」といふこと。”自註鹿鳴集」
おもほえし 「自然に思いだされる」
こやせる 「臥やせる。臥ゆの尊敬語で横になっておられる。“臥(ふ)してあり。『万葉集』には「路にこやせる旅人あはれ」「こやせる君が家路知らずも」など。”自註鹿鳴集」

歌意
 書物を読んでいても物を書くにつけても自然に思い出されるお人であったあなたが年をとり衰えてここに横になっておられる。

 八一の少年の頃、その文才を認め激励し啓発の労を惜しまなかった叔父は目の前に臥している。その枕辺で在りし日のことを思い出しながら詠んだ挽歌である。
 八一には父母の挽歌は無い。父を偲んだ歌(寒燈集・爐辺)はあるが、母の歌は無い。
春雪目次

鹿鳴集・春雪(第1首) (2013・10・11)
このごろ(第2首)

 ふみ よめば いよよ するどく いにしへ の 
               わが むなぞこ に ひびく このごろ

              (書読めばいよよ鋭く古の我が胸底に響くこの頃)  

ふみ 「文、書。書物、文書」
いよよ 「“いよいよ”の音変化。ますます、いっそう」
       
歌意
 書物を読むとますます鋭く昔のことが私の心の奥底に響く今日この頃である。

 空襲、物資の欠乏、そんな中で八一は本を読むことしかできなかった。読めば読むほど、遠い昔が理想の時代として心に響いたのであろう。
このごろ目次

寒燈集・このごろ(第2首) (2014・9・1)
その翌日わが家の焼けたる跡にいたりて(第5首)

 ふみ よめば こころ たのし と ともしさ に 
               たへ こし ひとよ おもほゆる かも


           (書読めば心楽しとともしさに耐へ来し一世思ほゆるかも)  

ともしさ 「乏しさ。とぼしさ、貧しいこと」
ひとよ 「一世。人がこの世に生きている間、一生」

歌意
 書物を読んでいれば心が楽しくて、貧しい生活にも耐えることが出来た私の生涯が思われることだ。

 書を読み、学問をすることが学者としての八一の生活だった。世俗の物欲にとらわれることもなく、生活の貧しさも苦にならなかった。しかし、書物は目の前の灰になってしまったのだ。
焦土目次

寒燈集・焦土(第7首) (2014・10・14)
松の雪(第1首)
     
 ふり おきて けさ を かがよふ わが まど の 
               ゆき の こぬれ に やまがら の こゑ

             降り置きて今朝を輝ふ我が窓の雪の木末に山雀の声  

ふりおきて 降り置きて。雪が降り積って
かがよふ 輝ふ。輝いている
こぬれ 「木末。“木(こ)の末(うれ)”の転。木の末、こずえ」
やまがら 「山雀。全長約14cmのスズメ目シジュウカラ科の小鳥。鳴き声がよく、低山帯の森林にすみ、昆虫や木の実などを食べる」
       
歌意
 雪が降り積もって、今朝は輝いている我家の窓の近くの木の梢に、山雀の鳴いている声がする。

 朝起きると雪が積もった梢に山雀の楽しい鳴き声がする。小鳥好きの八一にはたまらないひと時である。小鳥好きは鹿鳴集・斑鳩(12首)など参照。
松の雪目次

寒燈集以後・松の雪(第1首) (2014・11・30)
山精(第3首)
七月二十九日さきに童馬山房主人より贈られし歌集「暁紅」をとり出してふたたび読みもてゆくに感歎ますますふかしこえて五日この五首を記して箱根強羅なる山荘にこもれる主人のもとに寄す

 ふりさけて おもへば とほき いにしへ ゆ 
               かかる きはみ に たれ か うたひし

              (振り放けて思へば遠き古ゆかかる極みに誰か詠ひし)  

山精 「“「すだま」と訓むべし。山霊、魑魅などいふに等し。”自註」
童馬山房主人 「“斎藤茂吉氏に「童馬山房」また「童牛山房」の号あり。”自註」
ふりさけて 「振り放けて。はるかに仰ぎ見る、振り仰いで」
「・・・から、・・・以来」
きはみ 「極み。極まるところ、極限、果て」

歌意
 はるかに振りかえって見ても遠い昔からこれほど素晴らしい境地で誰が歌を詠ったであろう。

 茂吉の歌集・暁紅(ぎょうこう)を有史以来の最高の作品と讃える。優秀な歌人・八一だからこそ茂吉の歌の真髄を理解できるということであろう。 
山精目次

寒燈集・山精(第3首) (2014・8・27)
柿若葉(第9首)
新潟市はわがためには故郷なれども今はたよるべき親戚も無ければ北蒲原郡西条なる丹呉氏の宗家をたづねて身を寄すすでに亡きわが父も幼時この家に扶養を受けられたることなどしみじみ思ひ出でて眼に触るるものすべてなつかし

 ふるさと の このま すずし も いにしへ の 
               おほき ひじり の からうた の ごと

           (故郷の木の間涼しも古の大き聖の唐歌のごと)  

宗家 「そうけ。一門、一族の中心となる家柄、本家。丹呉家は父方の遠縁の親戚、当主は丹呉康平で町長を務める素封家であった」
おほきひじり 「大き聖。ここでは李白をさす。“その頃疎開の身に携へたるは、東京を発する時、人のくれたる李太白集一帙あるのみにて、それをとりて愛誦し居たれば、ここに「おおきひじり」とよみたるも、おのづから此の人をさしたるなり。「ひじり」といへば世上「聖人」にのみ限らんとする風あるも、一芸に達したる人は皆「聖」と称すべし。”自註。帙(ちつ)、和本などの書物を保存するために包む覆い。厚紙を芯(しん)にして、丈夫な布や紙を貼りつけたもの」
からうた 「唐歌。漢詩(反対語は大和歌)」

歌意
 故郷の木の間はとても涼しい、まるで昔の中国の詩人、李白の漢詩のように。

 都から逃れた八一は故郷(丹呉家)の自然の中で蘇生した。李白の詩の世界に囲まれているようだと詠う。この歌は丹呉家の庭に歌碑として立っている。
柿若葉目次

寒燈集・柿若葉(第9首) (2014・10・23)
伐柳(第6首)
新潟の市中には多く柳を植ゑ特異の景観をなせり旧幕の頃河村瑞軒来りてこの地に町奉行をつとめたる時遠く人を浙江の西湖に派しその苗を求めしめて植ゑたるに始まると伝ふ十一月十五日の夕予ひとり家を出でて市中を行くに残柳の枝間にところどころ人影ありてしきりに鉈を揮ふを見る

 ふるさと の ちまた の やなぎ いと かけて 
               もゆる はるび の あやに こほし も


           (故郷の巷の柳糸かけて萌ゆる春日のあやに恋ほしも)  

河村瑞軒 「江戸前期の商人、土木家。瑞賢とも言う。(1617~1699)伊勢の人。江戸の明暦の大火(1657年)の時、木曽の木材を買い占め巨利を得る。幕命によって奥羽米の江戸廻米のため東西両廻り航路を開く。また、安治川を開削、淀川治水事業に尽くした」
浙江の西湖 「中国浙江省杭州市にある湖。世界遺産として登録。中国四大美人の一人、西施入水の伝承で有名」
「幅のある厚い刃物に柄をつけたもの。まき割り、樹木の枝下ろしなどに用いる」
ちまた 「巷。町の中の道路、町中(まちなか)」
いとかけて 「柳の細い枝が糸のように垂れている様子」
あやに 「奇に。言いようがないほど、不思議なまでに、むしょうに」

歌意
 故郷の街の通りの柳の枝が糸を垂らしているように伸びて、新緑に萌える春の日がむしょうに恋しく思われることだ。

 剪定されて枯木のようになった柳の姿の向こうに新緑の美しい春の姿を想像し、恋しく思う。故郷、新潟に定住することを決意し、その生活も安定してきた八一の心境である。
 なお、この伐柳以降は自然や風物は詠んでいない。
伐柳目次

寒燈集以後・伐柳(第6首) (2014・12・7)
新潟の浜にて(第1首)

 ふるさと の はま の しろすな わかき ひ を 
               ともに ふみ けむ とも を し ぞ おもふ

           (故郷の浜の白砂若き日に共に踏みけむ友をしぞ思ふ)  

けむ 過去を推量する、・・・だったろう」
しぞ “し”も“ぞ”も共に強意の助詞」
雲際 「うんさい。雲の果てるところ。はるかな天空」

歌意
 故郷の浜の白砂の上を歩くと、若い頃に一緒に歩いた友人たちのことが強く思い出されることだ。

 若い時から東京で過ごした八一は、64歳で故郷の浜を再び歩いた。いろいろの事が思い出されるが、中でもやはりその当時の友人たちのことである。そして会いたいと思うのである。この歌の歌碑は八一の生家跡(新潟市中央区古町5番町)にある。
雲際目次

寒燈集・雲際(第6首) (2014・10・18)
新潟の浜にて(第2首)

 ふるさと の はまべ の をぐさ ふみ ゆかば 
               けだし や あはむ わかき ひ の とも

           (故郷の浜辺の小草踏み行かばけだしや会はむ若き日の友)  

をぐさ 「小草。“を”は小さいの意の接頭語、または意味の無い接頭語」
けだし 「(下に仮定の表現を伴って)もしかして、万一」
雲際 「うんさい。雲の果てるところ。はるかな天空」

歌意
 故郷の浜辺の草を踏んで行ったら、もしかしたら会うのではないだろうか、若い頃の友人たちに。

 焼け出されみすぼらしい姿で帰ってきたが、故郷の浜辺は昔と変わらない。それは懐かしく嬉しいことである。浜を歩きながら、若き日の友との再会も目の前に浮かんでくる。
雲際目次

寒燈集・雲際(第7首) (2014・10・18)
望郷(第3首)

 ふるさと の ふるえ の やなぎ はがくれ に
               ゆうべ の ふね の もの かしぐ ころ

              (故郷の古江の柳葉がくれに夕べの舟の物炊ぐ頃)  

望郷
「故郷新潟を詠った。望郷目次参照」
ふるえ 「古びた水辺。“古江、『万葉集』第十七巻には「あしがものすだくふるゑ」とあり。ここにては越中国の郷名なれども、作者のこの歌にては、ただもの古りたる水辺の意なり。ただ「ふるさと」「ふるえ」「ふね」と、おのづから口調を成せるは、寧(むし)ろ偶然なり。”自註鹿鳴集
昔、新潟の町は沢山の堀があったが、今は埋立てられてない。その堀の舟で生活する人の風景を懐かしんで詠んだ」
ものかしぐ 「米や麦などを煮たり蒸したりして飯を作る。夕食の支度をする」

歌意
 故郷の古びた堀に並ぶ柳の葉陰の舟の上で、夕餉の支度をする頃になった。懐かしい夕暮の風景である。

 今は無くなったが、堀の柳が並ぶ光景は古い新潟の風物詩だった。その水上で暮らす人達が夕食の支度する。そこには煮炊きする煙があっただろう。そうした「ものうい夕ぐれをなつかしんで」(會津八一の生涯・植田重雄)詠んだもので、故郷を離れた者には懐かしい風景の一つである。「ふ」の連続の音調の良さもあるだろうが、とても印象的で大好きな歌である。
望郷目次

鹿鳴集・望郷(第3首) (2013・7・24)
予罹災ののち西条に村居し一夜大いなる囲炉裏のほとりにて
よめる歌これなり(第1首)


 ふるさと の ほた の ほなか に おもほゆる 
               うらわかき ひ の ちち の おもかげ
 

           (故郷の榾のほなかに思ほゆるうら若き日の父の面影)  

囲炉裏 「いろり。“予が歌ひたるこの丹呉家の炉は方四尺に近けれども、わが父の幼かりし頃は、この炉はさらに五割方大きかりしよし村人は云ひ伝へたり。”自註」
ほた 「榾。炉やかまどで焚くたきぎ、小枝や木切れなど」
ほなか 「火中。火の中」
ちち 「八一の父。“わが父は越後新発田町下鉄砲村市島権之丞の第六子にして、幼名を政之助といひしが、後新潟古町なるわが家を嗣ぎて、名を政次郎と改む。早く孤となり、一時丹呉家に寄寓せしことあり。”自註」

歌意
 故郷の囲炉裏の中で燃える榾の炎を見ていると、若き日の父がこの炉を囲んでいた事が思われる。

 疎開してきい子を亡くし一人になった八一は丹呉邸の炉辺で、若くして母を亡くしてここに身を寄せ、囲炉裏を囲んでいた父のことを思う。年をとり、同じような境遇になってしみじみと父を思うのである。
炉辺目次

寒燈集・炉辺(第1首) (2014・10・31)
同日等持院にいたる影堂には足利氏累代の像あり(第3首)   

 ふるてら の ながき いたま を ひたすらに  
                 わが おもひ こし たかうぢ の かほ
             

           (古寺の長き板間をひたすらに我が思い来し尊氏の顔像)
       
等持院 「とうじいん。京都市北区にある臨済宗天龍寺派の寺院。14世紀に足利尊氏が夢窓疎石を招いて建立。石足利氏の菩提寺であり、足利尊氏の墓所としても知られる」
影堂 「一宗・一寺の開祖、また一家の祖先の影像や位牌を祭る堂。御影堂(みえいどう)」
足利氏 「室町幕府初代将軍・足利尊氏の一族」
ふるてら 「古寺。等持院のこと」
たかうじ 「室町幕府初代将軍・足利尊氏」

歌意
 古寺の長い板間の上をいちずに思って私はやってきた、この尊氏の顔を。

 室町幕府の創設者で初代将軍である足利尊氏の像に対面する八一の心根を詠う。皇国史観のもとで逆臣とされた尊氏への思いはどのようなものであったのだろう。
京都散策目次

山光集・京都散策(第10首) (2014・4・7)
海龍王寺にて(第2首)  
 
 ふるてら の はしら に のこる たびびと の 
               な を よみ ゆけど しる ひと も なし

             (古寺の柱に残る旅人の名を読み行けど知る人もなし)

ふるてらのはしら

はしらにのこる
「もちろん海龍王寺のことだが、当時は荒れ果てた無住寺だった。その寺の創建当時(奈良時代)の建物である西金堂の柱をさす」
「柱に残る落書きされた人の名前」

歌意
 古寺の柱に残る人の名前を読んでいくが、知っている人の名前は一人も無い。
 
 旅の途中での落書き、それは訪れの記念としてかかれたものだろうが、とりわけ明治の荒廃した寺々では多かったのではなかろうか?海龍王寺にて第1首とあわせ読む時、時の流れと寂寥感が迫ってくる。
 なお右の写真は寺門、その奥正面の建物が西金堂(奈良時代)、右に本堂(江戸時代)がある。
 
 八一は「はしらにのこる」を自註鹿鳴集で以下のように解説している。
 作者往年微酔を帯びて東大寺の傍(かたわら)を過ぎ、その廻廊の白壁に鉛筆を持って文字一行を題して去りしが如し。還(かえ)つて自ら之を記憶せざりしに、数十年して人ありて之を見たりと称す。信ぜずしてその文を質(ただ)せば、乃(すなわ)ち曰く、「秋艸道人(しゆうそうどうじん)酔ひてこの下を過ぐ」と。これを聞きて苦笑これを久しくしたるも、今は洗ひ去られてまたその痕跡なし。
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第42首) (2006・7・22)
述懐

 ふるてら の みだう の やみ に こもり ゐて   
               もだせる こころ ひと な とひ そ ね       

              (古寺のみ堂の闇に籠りゐて黙せる心人な問いそね)
  
もだせる 「黙せる。物を言わない」
ひとなとひそね 「どうか問わないでおくれ」

歌意
 古いお寺の昼でも暗い御堂に籠っていて、黙って沈思する私の心の中をどうか問わないでほしい。

 昭和5年作、南京続唱(14首)最後に入れられた歌。八一は奈良を中心にして東洋美術の研究に没頭しており、その頃の述懐である。誰にも研究と思索の時代はあり、一人居の静かな状況を欲するものである。
南京続唱目次

鹿鳴集・南京続唱(第14首) (2012・12・13)
松濤(第3首)
     
 ふるには の まつ の あらし を あらいそ の 
               しほ の とよみ と きき あかし つつ

             (古庭の松の嵐を荒磯の潮のとよみと聞き明かしつつ)  

松濤 「しょうとう。松の梢を渡る風の音を波の音にたとえていう語。松籟(しょうらい)」
とよみ 「響み。大きな音や声が鳴り響(ひび)くこと」
       
歌意
 古い庭の松に吹き荒れる嵐を荒磯の潮の響きのように聞きながら夜を明かしている。

 歌題の“松濤”そのものを詠っている。吹き荒れる風の音を聞きながら眠れぬ一夜を表現した。
松濤目次

寒燈集・松濤(第3首) (2014・11・10)
天皇を迎へて(一)(第4首)

 ふるひたつ たみ の ちから に あす の ごと 
               おこらむ くに ぞ もの な おもほし


               (奮い立つ民の力に明日のごと興らむ国ぞものな思ほし)

ふるひたつ 奮い立つ。何かをしようとする気力がみなぎる、勇み立つ
あすのごと 「明日にも、明日のように早く」
ものなおもほし ご心配なされぬように

歌意
 奮い立つ国民の力で明日にも国は復興するでしょう、どうか心配なさらないでください。

 
戦後の復興を信じて詠い、また天皇を思う率直な心が表現されている。
天皇を迎へて(一)目次

寒燈集以後・天皇を迎へて(一)(第4首) (2014・12・5)
吉野の山中にやどる(第4首)   

 ふるみや の まだしき はな の したくさ の 
              をばな が うれ に あめ ふり やまず

              (古宮のまだしき花の下草の尾花がうれに雨降りやまず)
       
ふるみや  「後醍醐天皇が吉野に置いた南朝の行宮(あんぐう)、北朝の来襲で焼かれた。ここではその址」
まだしきはな 「まだ咲くには遠い桜の木」
をばな 「尾花。すすき」
うれ 「末端、先端」

歌意
 吉野のかっての宮跡のまだ咲くまでには早い桜の木の下のすすきの穂先に止む間もなく冷たい雨が降り注いでいる。

 南朝の悲哀を象徴する今は無き宮殿の跡地の桜はまだ咲かず、頭を垂れるすすきの上に早春の冷たい雨が降り続く。南朝を正史とする当時の考えでは、だれもが心うたれる作品である。「まだしきはな」「あめふりやまず」が言外にそれを語っている。
 建武の新政が失敗し、1336年後醍醐天皇は幽閉から脱出し吉野に逃れる。まず吉水院に滞在し行在所としたが、後に金峯山寺蔵王堂の西にあった実城寺を改造して行宮とした。(吉野行宮、現在の吉野朝宮址)。1339年後醍醐天皇崩御の後、後村上天皇の南朝・吉野行宮は1348年に北朝・足利方の高師直に焼き払われる。
南京余唱目次

鹿鳴集・南京余唱(第6首) (2011・12・14)
三月十五日大鹿卓とともに平城の宮址に遊び大極の芝にて(第2首)   

 ふるみや の をかべ に たてば いくとせ の  
                  はるび さしたり その くさ の ね に 
             

           (古宮の丘辺に立てば幾年の春日さしたりその草の根に)
       
大鹿卓 「会津八一門下。1898~1959年、小説家、詩人。金子光晴の実弟」
ふるみや 「古宮。古い宮殿、年を経た御殿。ここでは大極殿址をいう」
いくとせのはるび 「幾年の春日。大極殿があった天平時代から何年も経てきた春の日ざし」

歌意
 大極殿址の丘の上に立つと古代からの年月を経た春の日ざしが生え始めた草の根元を照らしている。

 目の前に広がる早春の日ざしと丘の草を長い年月の中に捉える。大極殿があったあの天平の時代の春日が1200年後の今も照っていると詠む。それはありし日の平城宮の姿を彷彿とさせる。
平城宮址目次

山光集・平城宮址(第2首) (2014・5・18)
八月二十三日友人山口剛を誘いて大塚に小鳥を買ふ(第10首)

 ふろしき に つつめる かご の とまりぎ に
               かそけき あのと きき の よろしき

              (風呂敷に包める籠の止まり木にかそけき足の音聞きのよろしき)  

斑鳩
「斑鳩12首 目次参照
山口剛 (たけし)八一の親友。1880-1932、 茨城県生まれ、早稲田大学教授(国文学者)。『山口剛著作集』全6巻(中央公論社) 震余第7首参照
かそけき 「幽けき。今にも消えてしまいそうなほど、薄い、淡い」
あのと 「足の音」
ききのよろしき 「耳に心地よい、ちょうどよい」

歌意
 風呂敷に包んだ鳥籠の中の止まり木で斑鳩がかすかに立てる足音はなんと耳に心地よいことか。

 風呂敷の中の見えない斑鳩が、止まり木を踏みかえるかすかな音も可愛いと詠う。人と鳥との心の交流を垣間見るようである。
 村荘雑事に「あのと」を詠んだ歌がある。(第6首参照
斑鳩目次

鹿鳴集・斑鳩(第10首) (2013・8・16)
木葉(このは)村にて(第3首)
     
 ほし なめて かず も しらえぬ さにぬり の
               ましら が かほ は みる に さやけし

              (乾し並めて数も知らえぬさ丹塗りの猿が顔は見るにさやけし)  

木葉村 「現在の熊本県玉名郡玉東町木葉」
ほしなめて 乾し並めて。“なめて”は“なべて(並べて)”と同じ意で、同じ状態が広くいきわたるさまを表わす。一面に」
しらえぬ 「“知れぬ。知られぬ”自註鹿鳴集」
さにぬり さ丹塗り。“さ”は接頭語。丹(に)または朱で赤く塗ること
ましら 猿の別名
みるにさやけし “目にも鮮(あざや)かなり”自註鹿鳴集

歌意
 (素焼き前)一面に乾し並べられた数もわからないほど沢山の猿たちの赤い顔は目にも鮮やかであることよ。

 焼き上げる前の沢山の木葉猿の赤い顔が乾燥のために庭一面に並ぶ。とりわけ赤い色が好きだった八一にとっては印象的な光景だったであろう。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第45首) (2013・5・13)
十二月二十四日遠く征戍にある門下の若き人々をおもひて(第2首)   

 ぼたんかう よ の ま も ながれ やま ざらむ  
                 ひと の まもらふ くに の きはみ を 
             

           (牡丹江夜の間も流れ止まざらむ人の守らふ国の極みを)
       
征戍
せいじゅ。辺境におもむいて守ること。また、その兵士
ぼたんかう 牡丹江。旧満州にある川。中国東北部を流れる松花江最大の支流」
まもらふ 「守っている」
きわみ 「物事の行きつくところ。極限。限り。ここでは国の果て」

歌意
 満州の牡丹江は夜の間も止まらずに流れているだろう、私の教え子たちが守っている国の果てを。

 日本が占領した中国の満州を守っている教え子たちを気づかって詠う。厳しい先生だったが、愛弟子を思う気持ちは人一倍強かった。
望遠目次

山光集・遠望(第2首) (2014・4・17)
予罹災ののち西条に村居し一夜大いなる囲炉裏のほとりにて
よめる歌これなり(第14首)
     
 ほとほとに われ おい はてて ふるさと の 
               ゐろり に ちち の わかき ひ を おもふ

             (ほとほとに我老い果てて故郷の囲炉裏に父の若き日を思う)  

囲炉裏 「いろり。“予が歌ひたるこの丹呉家の炉は方四尺に近けれども、わが父の幼かりし頃は、この炉はさらに五割方大きかりしよし村人は云ひ伝へたり。”自註」
ほとほとに 殆とに、幾とに。困り果てた、また、うんざりした気持ちを表す語、まったく、つくづく」

歌意
 まったく私も老い果ててしまって、故郷の囲炉裏に一人座って父の若い日の事を思っている。

 7月にきい子を亡くしてから独り丹呉家にあって、孤独の中で亡き父を歌った14首が終わる。この流れは続く榾の火(5首)、松濤(5首)に続く。その後、昭和21年「夕刊にひがた」の社長に就任して、東京での活動を止め、故郷新潟で新たな世界に入っていく。
炉辺目次

寒燈集・炉辺(第14首) (2014・11・6)
法隆寺壁画の作者をおもひて(第5首)

 ほのか なる その かべ の ゑ に いくたび を 
               われ たち くれて いで に けむ かも

              (ほのかなるその壁の絵に幾度をわれ立ち暮れて出でにけむかも)  

彩痕
「色彩のあと、絵画の筆跡」
法隆寺壁画の作者 「“壁画の作者は、往時はこれを、南梁より来りし司馬達等の孫なる止利なりといひ、或は百済の人曇徴なりと云はれしことあるも、確証なきのみならず、画風としては此の二人より稍おくるるものと認むるを常識とすべし。近年、邦人の筆に成れりと主張する人ありしも、予は肯せず。”自註」
ほのかなる 「わずかにそれと認められるさま。かすか 」
たちくれて 「立ち暮れて。壁画の前に立ち続け、日暮れになって」

歌意
 暗い金堂の中のやっと見えるくらいの壁画の前に何度となく立ちつくし、日暮れになって外へ出たことであろう。

 八一の金堂の壁画に対する思い入れは法隆寺そのものに対する感情とともに非常に強かった。彩痕5首の最後にこの歌はその思いと実際の八一の姿を詠いあげている。
 今秋、法隆寺境内に歌碑が建立される。八一にとってとても嬉しいことである。
    五重塔をあふぎみて   解説
      ちとせ あまり みたび めぐれる ももとせ を ひとひ の ごとく たてる この たふ
彩痕目次

寒燈集・彩痕(第5首) (2014・8・20
尾道にて

 ほばしら の なか より みゆる いそやま の
                てら の もみぢは うつろひ に けり  

              (帆柱の中より見ゆる磯山の寺の紅葉葉うつろひにけり)  

放浪唫草
「さすらいの旅で詠った歌の草稿。放浪唫草(ぎんそう)目次参照」
尾道 「尾道市(おのみちし)は、広島県の南東部、山陽地方のほぼ中南部に位置する」
ほばしらのなか 「沢山の船の帆柱が並んでいるその間から」
いそやま 「磯辺にある山」
うつろひにけり 「色褪(あ)せてしまったなあ。“けり”は詠嘆を表す助動詞」

歌意
 沢山の船の帆柱が並んでいるその間から見える磯山のお寺の紅葉は色褪せてしまっているなあ。

 11月16日、大阪から天龍丸に乗った八一は瀬戸内海を通って九州をめざす。船中から尾道港の向こうに見える色褪せた紅葉に心を動かされる。紅葉が終わるには早いのではという気持ちがあるだろう。
放浪唫草目次

鹿鳴集・放浪唫草(第5首) (2013・4・18)
奈良博物館にて(第3首)

 ほほゑみて うつつごころ に あり たたす 
                  くだらぼとけ に しく ものぞ なき
      
     
          (ほほゑみてうつつ心にあり立たす百済仏にしくものぞなき)

ほほゑみて
うつつごころ


ありたたす
しく   
「微笑んで」
「うつつとも夢ともなき心地、有無の間に縹渺(ひょうびょう・広々として果てしないさま) たる心地と作者は自註で書く。うつつごころ=現実の心だが夢見心に近い」
「お立ちになっている」
「如く、若く、及く。肩を並べる、匹敵する」

歌意
 かすかなほほ笑みを浮かべ、うつつとも夢ともいえない、かすかで、はるかな心でお立ちになっておられる百済観音の美しさに匹敵するものは無い。
 
縹渺たる雰囲気を漂わしてたたずむ。・・あの・・深淵のように凝止している生の美しさ・・」と和辻哲郎が書いた「古寺巡礼」を八一は熱心に読み込んでいる。また堀辰雄は「鹿鳴集」をたずさえて奈良を巡り、この歌に触発されて「大和路・信濃路」の次の一文を書いている。
そのうっとりと下脹(しもぶく)れした頬のあたりや、胸のまへで何をそうして持ってゐたのだかも忘れてしまってゐるような手つきの神々しいほどのうつつなさ。もう一方の手の先きで、ちょいと軽くつまんでゐるきりの水瓶(みずがめ)などはいまにも取り落としはすまいかとおもはれる」 
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第14首) (2002・11・11)
山歌(第4首)
昨秋天皇陛下この地に巡幸したまひし時県吏まづ来りて予にもとむるに良寛禅師に関する一席の進講を以てす予すなはちこれを快諾したるも期に及びてにはかに事を以てこれを果すことを得ず甚だこれを憾(うら)みとせり今その詠草を筐底(きょうてい)に見出でてここに録して記念とす       

 ほほゑみて きこし めしぬ と とこよべ に 
               ほほゑむ らし も いにしへ の ひと


           (微笑みて聞こし召しぬととこよべに微笑むらしも古の人)  

筐底 「きょうてい。箱の底、箱の中」
きこしめしぬ 「聞こし召しぬ。お聞きくださった」
とこよべ 「常世辺。常世の国のことで、 死者の行く永遠の世界、黄泉(よみ)の国」
いにしへのひと 「良寛禅師」

歌意
 天皇陛下が微笑んで私の歌をお聞きになられたとあの世で微笑んでいるであろう古の人、良寛禅師は。

 もし天皇への御進講で良寛の歌をお聞かせしたら、微笑みながらお聞きになっただろう。そして、あの世の良寛も微笑んだだろうと詠む。良寛への深い思いやりがある歌である。
 八一は、山歌4首に詠った気持を実現しなかった御進講で伝えたかったのである。
山歌目次

寒燈集以後・山歌(第4首) (2014・12・8)
病中法隆寺をよぎりて(第7首)

 ほろび ゆく ちとせ の のち の この てら に 
                 いづれ の ほとけ あり たたす らむ


               (滅びゆく千年の後のこの寺にいづれの仏ありたたすらむ)

ほろびゆく
ちとせ
いづれのほとけ
ありたたす
らむ
「なくなってゆく。参照」
「千年」
「どの仏」

「ありは接頭語、お立ちになる」
「推量(助動詞)」

歌意
 滅びゆく千年の後のこの法隆寺で、どの御仏がお残りになっておられるのだろう。

 かってはとても美しかったであろう壁画の落剝・衰退ぶりを目の当たりにして、千年後の法隆寺の全ての仏たちに思いをはせる。壁画への憂いから、仏たちの未来を悲しむが、そこには強い存続への願いが込められている。
 「病中法隆寺をよぎりて」7首をなかなか読み込むことができなかったが、八一の壁画(価値ある美術品)に対する真摯な態度と復元壁画を鑑賞することによって、今いくばくかの理解ができたと思う。
 壁画炎上後、八一は言う「あれほど好きで好きでたまらなかったものが急になくなって、ほんとに泣くに泣かれないほどにくやしい」(随筆・渾齋隨筆以降 壁畫問題の責任)
            第1首  第2首  第3首  第4首  第5首  第6首  第7首

 ほろびゆく(自註鹿鳴集)
 万物は推移し、何事も遂には滅亡を免かれず。法隆寺はすでに千余年を経たるも、さらに千年を経なば果たして如何。
南京新唱目次

鹿鳴集・南京新唱(第74首) (2008・07・08)
inserted by FC2 system