2002・1
1月の終り 2002・1・31
 1月の商いは毎年忙しいのだが、今年は暇だった。支払い等がある月末はあまり好きではないが、この欄が書けているので2月は来そうだ。
 「春よ来い!」(きく庄HP)「2月にかすかな春の到来を感じる」これが本当だろうね。でも、最近はこう考える。「春さんもっとゆっくり来てね、もっと雪山に行きたいから!」日本の伝統的な季節感に反しているかな?

インフルエンザ 2002・1・30
 インフルエンザで高熱が出て山の神が寝こんだ。翌日、医者に行き熱は下がったが大量の薬とともに5日間の外出禁止がでた。その上、夫の入室も禁止となった。熱が出ている時に恐縮しながらスキーツアーに出たのだが、そんなわけでいない方がかえって良かったと言われたのでホッとした。もちろん優秀なスタッフ「ゾウとキリン」が山の神の用事はしたけどね。皆さん、風邪には気をつけましょうね。病弱だと遊べない!!

 
横手山山頂の樹氷 2002・1・29
 1月26日志賀高原横手山スキー場山頂風景、28日ジャイアントスキー場山頂でもきれいな樹氷に出会った。
 

MIC本会議5(PCスクールと商店街のIT化) 2002・1・28
 PPSスクールは情報化センターの側面を持って4月衣替えをする。スクールのバージョンアップ、あるいは情報化センターのスクール部門とも言える。大事な事はスクールを根幹にすえ、基本ソフトの講習を従来以上に充実・実行することだ。
 商店街のIT化の柱は機器の導入とHP・メールの有効な利用だ。そして、商店街の人たちのIT能力の向上も必須条件だ。そのためには先進的な街の仲間のボランティア的活動が必要だ。PPS受講生・卒業生の皆さんの手もお借りしたい。そんな溜まり場・活動の場としてMICを作りたい。そして最後に、行政や各組織の支援をお願いしたい。

 
MIC本会議4(商店街のIT化・アマノシステム) 2002・1・27
 アンケートは携帯電話・PHSの普及率を74%とし、「店舗情報はHPで、イベント情報はメール」だと言う。商店街全体や個店の宣伝はHPやメールを有効に使うべきだ。特にメールによる「口コミ」効果に注目している。その上メールは距離の隔たりをなくす利点がある。ミニ情報を送る=メール、詳しい情報を見てもらう=HPと考える。
 商店街のPC派、非PC派間のギャップを埋めるのが情報化センターの重要な仕事だ。顧客の為にPCなどの端末機器を店頭に配置し、店と店の素早い交流に活用すべきだ。 (メールでの試作を25日の会議で検討、春には準備に入りたい。参考に!)

 
MIC本会議3(新たな取り組み・CTY) 2002・1・26
 現在四日市CTYのテレビ加入は13万、インターネットは3万、難度の高いPCでは普及の限界に来ている。PCを扱えない人の為に簡易な情報端末を配布する。端末コスト3万円〜5万円。維持費はそれをリースにして組み入れ月額 3〜4000円。
 便利で簡単なテレビより維持コストが高いので?と思うけれど、CTYの月間PC相談 300〜400件、対応費用の巨大さを聞いてびっくりした。街全体、市町村全体で取り組むべき時期に来ているのは間違いない。ベストはPCの全店配布、無理かな?

 
MIC本会議2(アンケート分析) 2002・1・25
 その他の意見を列挙する。・消費者の生の声「商店街からのオーラ」がない。(実感)HPの魅力が無い。(うーん、反省)・商店街に取ってのPCスクールの役割は?・PC普及率60%弱を悲観的に見る=PCの難度から普及はもう限度。(新たな道へ)・いやPC派、非PC派間のギャップを埋めるのが課題。(MIC=情報化センターの仕事)
 いろいろ示唆に富む専門家の発言があった。印象的な話、ちょっと為になりそうな話の報告を続けよう。(今日、パズルランド、ホイホイタウン、1番街 各HPの連携の会議を持ち、商工会議所傘下で共同歩調する基本合意をした)

MIC本会議1(アンケート分析) 2002・1・24
 今日MIC本会議で分析報告があった。さすが餅屋は餅屋だ。ポイントをついている。今日の会議は有益だった。細切れで順次報告しよう。分析した三重銀総研・筒井部長の話のポイントをこう受け止める。 
 A 商店街の情報の発信は従来型(紙媒体やテレビなど)とWebの併用型になる。
 B Webでは、店舗情報はHPでイベント情報はメール(メールマガジン等)
 C 問われているのは、商店主のIT関連の能力向上と情報発進力 

超整理法 2002・1・23
 野口悠紀雄超整理法は大ベストセラーだ。前からその教えに従って書類を整理し友人にその利点を説いていた。結構ルーズなSURUMEにも楽な整理法なのだ。午後、溜まった書類を整理していたら一昨年ひまわり先生に作っていただいたSURUME家の年賀用住所録のフロッピィとプリントが出てきた。昨年末「確かにお渡ししたはず」と彼女に言われたが、見当たらないので苦労してまた作った。野口先生の教えの通りの場所から出てきた。油の切れた頭の整理をしなければと反省中。

逃げないカモメ 2002・1・22
 三滝川慈善橋下、SURUMEが近づいても逃げなかった残りのカモメ、こんな時は望遠レンズがいいのかなと使った事も触った事もないのに思った。
 笑話「カゴメエクスプレス」 3歳の子供に童謡「かごめかごめ」を教えたが「いついつジェーアール」と歌う。子供は大きくなるまでJRの宣伝の歌だと思っていたらしい。

人を植える 2002・1・21
 『中国の古典・管子にある「三計」。1年の計は穀を樹うるにしくはなし、十年の計は木を樹うるにしくはなし、終身の計は人を樹うるにしくはなし・・・・・一を植えて十度の収穫を得るのは樹木であり、百度の収穫を得るのは人材である・・・』(中日春秋より)
 商店街が敵対しながらも共存してきた大型店の撤退のなかで、示唆に富む言葉だ。「木」は確たる方針(設計図)と実行かな?「人」はもちろんその担い手、有能な人を育てる、適所に登用するということだろう。でも、大事なことは自らも「人」になる努力。

Nさんのお父さん 2002・1・20
 午後、プラトンホテルのラウンジでひさしぶりにお会いした。SURUMEが組合理事をしていた頃、ご指導頂いた前理事長です。立ち話でしたけどしばらく時間を頂きました。子息のNさんの活躍とSURUMEがアップアップしている事が話題だったかな?決してNウイルスなどと告げ口はしませんでしたよ。
 実はひさしぶりに四日市メルヘンが大事な話もあったので集いました。忙しい人ばかりなのでなかなか会えませんが、やっぱり友人はいいものだとあらためて思いました。
 
風邪 2002・1・19
 遂に巨漢「ゾウ」からうつされた。大変なのは機嫌が悪くなる事だ。虚弱体質が売り物のSURUME、不思議な事に4年ほど寝込んだ事が無い。多忙が許さず、気力と静養で乗り切ってきた。人に呆れられても睡眠を頑なに守ってきたのは、睡眠不足で接客態度が悪くならないように心がけてきたから。(遊びの時は普通の人とサイクルが違うので無理をするけどね) 体調が悪いと良い事はない。ダイエーの再建計画発表等、いい話は無いのでせめて自己努力で明るく振舞おう。

従兄弟 2002・1・18
 年賀状に書いたURLとメールアドレスで千葉の従兄弟から便りがあった。高齢のおばさんを中心にした一家の写真を送ってくれたので、SURUMEもこちらの正月の写真を送った。PCのおかげで音信が復活、しかもリアルタイムになった。パズルランドやSUの部屋を読んでくれたと嬉しい便り、だから一語一句慎重にと肝に銘じている。八一の歌は難解。基本設計思想はプリントして読んだけど難しいと書いてあったよ、Nさん!!
 
震災 2002・1・17
 6432名の犠牲、SURUME家の初代番頭も故あって5000人目ぐらいで犠牲者として発見された。若紀久の修行中の息子さんは無事だったと「和=若紀久店主石田和茂の今日の心の声」に書いてある。友人の同業者はまだ立ち直っていない。ドラマはあちこちであった。生死が問題になった事に比べれば僕らの日常の一喜一憂は些細な事、でもそれにとらわれてしまうのが人間かな?些事に拘泥する己にうんざりしている。震災の揺れを四日市の市民病院で経験し、翌日亡くなった義母の命日は明日。

  
富田のジャスコ 2002・1・16
 昨日午後7時から9時までジャスコにいた。商店街と違う事、駐車場は無料、閉店は9時、豊富な品揃え、食品の夕方3割引、気軽な食堂等。ちょっとした買物と食事で閉店までいて「結構時間が過ごせるね!」と言う女房の後を歩きながら考えてしまった。商店街はどこに活路があるのかと。答は「?」 でもこう言える。駐車場代は商品代に含まれる。食品売り場以外、平日の夜は赤字だろう。高級品は無く、専門的な物も無い。食品は売れない物の投売り。美味い食べ物は無い。僻みあるいは屁理屈かな?

第3火曜日 2002・1・15
 月一の貴重な休日、PPSその他に迷惑をかけるがプライベート時間を大切にしている。1月2日SURUMEの留守に「Mじい」と呼んでいた顧客が車椅子に乗って訪ねてくれた。11年前に倒れ、もうひょっとして・・・・と思っていたので心する所があり、今日女房とお伺いした。半身不随だが杖を使って動ける彼を同じようだった父とオーバーラップした。そっと涙ぐんでいた姿にいい休日を過ごせたと感謝している。一緒に徹夜で麻雀を打った鉄人「M」は当時、75才だった。

成人式 2002・1・14
 今日の中日春秋に「よそほひて成人の日の眉にほふ」という句が書いてあり、「美しく着飾った女性は眉もにおうがごとくでした」と作者が語ったとある。色気のあるいい響きだ。諏訪神社や街中で見かけた振袖姿はいいね。美しいし節目を感じる。HP「きく庄」の掲示板ではプロの話が語られている。ずっと昔を振返ったら、SURUMEは市の手違いで成人式の通知が来なかった。大学の入学式に時間を間違えたり、早く卒業したりして「式」に縁がない。

フライデーポン(Osyaberisalon 2002・1・13
 11日に「他のHPでサンデー更新も始まる」と書いた。サンデーポンと思っていたらフライデーだった。友人ポンちゃんの雑記帳です。土曜には必ずアクセスして下さい。
ポンちゃん、プレッシャーがかかるかな?HPセンス抜群の彼女は地域のお世話をしながらいろいろ活躍しています。博学で美食家。仲間内では「薔薇と美味いお店はポンちゃんに聞け!」が合言葉。別の友人が薔薇作りのために「My garden」をプリントしているのを見た事あるよ。

車上狙い 2002・1・12
 お客さんが車上狙いにあった。SURUMEの愛車も横に止めてあったが、ぼろいのと何も入っていなかったので被害は無かった。(鞄はトランクに入れるようにしている)
 警察の現場検証と被害届を済ますのに2時間弱、今その若いお客さんは消沈している。携帯やカードや通帳の使用を止めなければいけない。今SURUMEの携帯を使って頑張っている。被害も大きいが処理も煩わしい。車の中に貴重品は置かない。見えるところに金品を置かない。が鉄則かな!!SURUME家の駐車場にライトを付けないといけない。二人目の被害、反省。
  
 
継続は力と言うけれど 2002・1・11
 独り言を書くのは比較的楽、なぜかと言うと中味はSURUMEが勝手に決め、勝手に書くだけだからだ。だけど、驚異的な頑張りで毎日HPを更新している人がいる。このページの立派なのは「題」が限定されていること。「ちゃールーム・季節の花」内心いつ頓挫するのだろうと思っていたがこんなに頑張ると応援したくなる。トップページも更新された。梅さんお気に入りでSURUMEに紹介せよとうるさい。よって報告。
 他のHPでサンデー更新も始まると聞いています。乞う、ご期待!!

 アマノシステム(株) 2002・1・10
 『情報化パートナーとして地域社会に貢献する』をモットーに、お客様の業務システムの開発やコンサルティングを営んでおります。 (HPご挨拶より)
 MICの委員になって頂いている岩崎功さんの会社です。お願いしてリンクをかけました。すばらしいお仕事をして見えます。今後もいろいろご指導を受けながら、仕事をして行きたいと思っています。
 同時にお知らせ。ポンルーム・トップがきれいに!器まつもり・トップに素晴らしい午の置物があります!

パズルクイズ 2002・1・9
 うーーん、ラクさんおめでとう。10問中9問正解凄いなー。まさか9問の人が二人も出るとは思ってもいなかった。それでSURUMEの推理。ラクさんの特技は技と運がいるゲーム、長年培われた勘は鋭い。良い「勘」は長い年月の実績に裏打ちされないと発揮できない。脱帽!!菜々さん、そんな世界の空気をずっと吸っている。だから9問かな?ちゃーさん、まんぼさんの7問はなんとなくわかる。でも、竹さんは出会い頭かな?不思議なのは黄色いドラエモンさんの1問、きっと外して大向こうを唸らせようとしたんだよね。Nさんも不思議がっていたよ。

 
大和しうるわし 2002・1・8
 「大和は国のまほろば、たたなづく青垣山こもれる大和しうるはし・・」古事記に書かれているヤマトタケルの歌。奈良を賛美した歌だが、友人鹿鳴人は「住んでいるから反って奈良の良さがわからなかった」と語った事がある。8日中日新聞朝刊19面に奈良出身の清水良典氏が「青垣山を越えて」で故郷を見なおす文を書いている。
 身近過ぎて見落としている自分たちの街や周辺の良さを再発見して行きたい。

鷲ヶ岳スキー場 2002・1・7
 さすがに仕事の人が多いのだろうね。いつもより人は少なかった。ただ、大雪なので
東海北陸自動車道で動かなくなった前の車を友人Oと100メートル以上押した。
おみくじ 2002・1・6
 神輿の長老から友人Nへの批判(Nさんじゃないよ、宮司のN)を昨夜頂いた。それで思い出したわけではないが、元旦0時過ぎ、彼からもらったおみくじは悪かった。昨秋、金毘羅宮おみくじも良くなかった。以下のように書いてある。
 雪を掻き分けて筍を探し求むる態なり。(何事もうまくいかない様だが)、さりとて怠る者には時節も至り難し。自ら意志を強く持ち物事に屈せず神明の加護を祈らば・・・
「神明の加護を祈らば」でなく、内省しながら自己努力しなさいと読むのかな?
 パズルランドおみくじでは大吉だったのに、年明けから難事ばかり。ふー!

アクセスカウンター20000回 2002・1・5
 皆さんのおかげで20000回になりました。有難うございます。今日はOFF会・新年会に参加させていただき、お互いに顔を見ながらいろいろなお話をしました。皆さんの熱意と協力で2002年を楽しくいい年にしたいと思います。
 他所の新年会に参加のまんぼ先生の途中参加はありませんでした。酔って溝に落ちていないか心配しています。

 
PPS新年 2002・1・4
 まんぼ先生が講義のため初開講、ひまわり先生も教頭先生も駆けつけていた。ぷーさんと公園通りでばったり、深々と新年の御挨拶。ぷーさんの撮った写真をワイワイいいながら「マリンちゃん」の見立てで「一日一写真」にアップ。故郷が四日市の方に見ていただけるのはパズルランドのみんなの喜びです。
 ここでお願い。担当のS先生がいつも写真に困っています。四日市の写真、遠方の写真、これは!と思う写真、どうか簡単なコメント付きで送って下さい。

雪害 2002・1・3
 AM3:00携帯がなった。名古屋の入口で昨日やってきた同級生Kからパンクと雪で夜明かしになったと連絡が入る。雪道には強いSURUME、飛んで行きたかったけど大渋滞でとても近寄れない。彼は自分の位置確認のため電話をしてきた。早速ネットで彼が言う「・・・ランド」を調べる。中川区・新川と伝えると彼は保険屋にSOSを出した。多分、夜明かしになっただろうけどその後は泣き言を言ってこなかった。節度あるいい友人だ。わがままな友人が多いので、そんな事に感じてしまった。

初雪 2002・1・2
 雪の歌を引用したら初雪になった。不便さを度外視したら風情がある。初仕事の夜名古屋から同級生Kが菰野の友人宅経由でやって来た。早速宮司Nを呼び出しSURUME家でお喋り。年を取っても仲間の話は他愛無い。でも、やっぱり年が改まったのだ。なんとなく華やいだやり取りが続いた。あちこちのHPが装いを新たにし、巷ではちょっと改まって挨拶を交す。何度きても年始めはいい。
 Nによると諏訪神社の初詣は多かったかな!という感じらしい。情景は「ぱずるのおまけ・斧琴菊の日々(1月1日)」参照。

おめでとうございます 2002・1・1
 皆さん、いい新年を迎えましたか?大晦日は親族で楽しく過ごした。紅白を見終わって諏訪神社に初詣。心新たに新年の御挨拶を送ります。ITを使った商店街の発展はここ1番に入る。PCスクールを柱にした情報センター4月設立へ過密スケジュールが続くがギスギスせず、穏やかさも持って進みたい。会津八一の歌から、ほのかなぬくもりを感じて下さい。
     もりかげ の ふじ の ふるね に よる しか の
                  ねむり しづけき はる の ゆき かな

    「森かげの藤の古根による鹿のねむり静けき春の雪かな」 
                      歌集 鹿鳴集・南京(なんきょう)新唱より

inserted by FC2 system